毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

さらば、メガネ孫悟空病

さらば、メガネ孫悟空病

つり人編集部=写真と文
先日、久しぶりにデートした。

食事して、映画見て、その後は……
なんてプランニングしていると
年甲斐もなくちょっぴりドキドキしてくる。

家を出る準備に時間がかかり
ランチを食べているヒマがない。
相談すると
「映画見ながらポップコーン食べようよ」
と8歳の娘。

前々から言われていた
アリス・イン・ワンダーランドの3D映画で
「来週必ず行くから」
と言い続けていたら終わってしまい
しばし娘が口をきいてくれなくなった。

どうしたもんかと思っていた矢先
特別に近所の映画館で数日間だけやることがわかったので
あわててかけつけだしだい。

会場の入り口で専用メガネを手渡された。
係の人に
「子ども用をひとつください」
と言うと
「スミマセン、サイズは一種しかないんです」
とのこと。

アバターならまだしも
アリスなんて子どもしか見ないだろうに。
なんで、子ども用がないんだろうとちょっと憮然として席に着いた。

3D映画なんてジョーズ以来だなと
さっそくメガネをかけてみると
あれれれ……?

なんだか、やけに小さいぞ。

まさか、全部が子ども用なのかと思い娘を見ると
娘には明らかに大きすぎる。

周りを見渡すと
みんな普通にかけている。

どうやら、原因は自分の顔のデカさにあるようだ。
仕方なく、強引に専用メガネをかけて映画を見たが
かけ続けていると孫悟空のように頭がジンジンしてくる。
だから、何度かメガネを外しながらの映画鑑賞になった。

ぼくのこのメガネ孫悟空病は
なにも今回が初めてではない。

釣りをしているとき
偏光グラスとキャップ(特にニット帽のようなタイプ)を同時にかぶった場合
1時間もするとガンガンしてくるのだ。
フレームのサイズが完全に合っていないのだ。

とはいえ
偏光グラスなしじゃ釣りにならない。
そんなとき
自分の顔のデカさを呪うのであった。

新発売になった
パリミキの釣り専用メガネはその点
購入の際に検眼はもちろんフレームのフィッティングや
鼻パッドの調整などもしてくれる。
自分の顔にジャストフィットした
釣り専用のメガネを手に入れることができるのだ。

長年のぼくの悩みが
これでひとつ解決されそうである。

(山根)

2010/6/19

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中