川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

さらば、メガネ孫悟空病

さらば、メガネ孫悟空病

つり人編集部=写真と文
先日、久しぶりにデートした。

食事して、映画見て、その後は……
なんてプランニングしていると
年甲斐もなくちょっぴりドキドキしてくる。

家を出る準備に時間がかかり
ランチを食べているヒマがない。
相談すると
「映画見ながらポップコーン食べようよ」
と8歳の娘。

前々から言われていた
アリス・イン・ワンダーランドの3D映画で
「来週必ず行くから」
と言い続けていたら終わってしまい
しばし娘が口をきいてくれなくなった。

どうしたもんかと思っていた矢先
特別に近所の映画館で数日間だけやることがわかったので
あわててかけつけだしだい。

会場の入り口で専用メガネを手渡された。
係の人に
「子ども用をひとつください」
と言うと
「スミマセン、サイズは一種しかないんです」
とのこと。

アバターならまだしも
アリスなんて子どもしか見ないだろうに。
なんで、子ども用がないんだろうとちょっと憮然として席に着いた。

3D映画なんてジョーズ以来だなと
さっそくメガネをかけてみると
あれれれ……?

なんだか、やけに小さいぞ。

まさか、全部が子ども用なのかと思い娘を見ると
娘には明らかに大きすぎる。

周りを見渡すと
みんな普通にかけている。

どうやら、原因は自分の顔のデカさにあるようだ。
仕方なく、強引に専用メガネをかけて映画を見たが
かけ続けていると孫悟空のように頭がジンジンしてくる。
だから、何度かメガネを外しながらの映画鑑賞になった。

ぼくのこのメガネ孫悟空病は
なにも今回が初めてではない。

釣りをしているとき
偏光グラスとキャップ(特にニット帽のようなタイプ)を同時にかぶった場合
1時間もするとガンガンしてくるのだ。
フレームのサイズが完全に合っていないのだ。

とはいえ
偏光グラスなしじゃ釣りにならない。
そんなとき
自分の顔のデカさを呪うのであった。

新発売になった
パリミキの釣り専用メガネはその点
購入の際に検眼はもちろんフレームのフィッティングや
鼻パッドの調整などもしてくれる。
自分の顔にジャストフィットした
釣り専用のメガネを手に入れることができるのだ。

長年のぼくの悩みが
これでひとつ解決されそうである。

(山根)

2010/6/19

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年12月号

特集は「身近な水辺が魅惑のフィールドに! ここに注目!堤防釣りの極意」。
海岸線を走れば堤防ごとに見える大勢の人の姿。穏やかな日差しを受ける海は最高に気持ちがいい。回遊魚と居着きの魚が種類も豊富に姿を見せる秋は、オカッパリの海釣り入門にも最適なシーズン。今月は堤防を遊びつくすために、エサ釣りからルアーフィッシングまで懇切丁寧に解説。また、関東圏のおすすめ堤防釣り場を20ヵ所紹介している。
第2特集は「鈴なりの快感! ワカサギ釣りABC」。いろんなスタイルで楽しめるワカサギ釣りだが、入門におすすめなのがドーム船。ドーム船の釣り方を解説。そのほか、紅葉の渓流管理釣り場ガイドも見逃せない。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中