毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アユ釣り哀歌

アユ釣り哀歌

つり人編集部=写真と文

清流の女王、アユの寿命は一年。

春、5センチ足らずの大きさで川をソ上し始めたアユは
川底の石に付く珪藻類を主に食べながら
上流を目指す。

そして、秋になると産卵する。
親魚の大きさは河川により異なるが20センチ程度。

わずか半年間で、4~5倍に成長するのだ。

石に縄張りを持って珪藻を食み始めたアユは
1日のほとんどを食べる時間に費やす。
食べて食べて食べ続けなければ、短期間で4~5倍に成長することはできない。

だから、自分のエサ場に侵入してきた魚がいたら
自分よりも大きかろうが、激しいアタックを食らわして追い払う。

アユのこの習性を利用したのが友釣りだ。

掛けバリを仕込まれたオトリアユを追い払おうと
野アユは執拗にアタックする。
すると、掛けバリが野アユに刺さり、
野アユはオトリもろとも釣り人のタモの中へ。

釣り上げられた野アユは
掛けバリを外されると同時に、ハナカンを通され
今度は自分がオトリとして川に放たれる。

しかし、野アユは自分がオトリであるとは思っていない。

いいエサ場を探して、川の中を泳ぎまわる。
秋に成熟して子孫を残すためには
とにかく食べ続けなければならない。
一心不乱に泳ぐ。

そして、ライバルの攻撃を受け
野アユもろとも釣り人のタモの中へ……。

背ビレや尾ビレが長く
鱗がきめ細かく、肌が艶っぽい天然アユは
姿形を見る限り、清流の女王と呼ぶにふさわしい。

しかし、その実態は、
目標に向かって突き進む、孤高の勇者である。

ぼくは、アユ釣りをしていて、ふと思うことがある。

アユみたいに強くなりたいと。

家族、仕事、病気、怪我、経済、社会……。

アユには悩みなどない。
悩んでいる時間などないのだ。

悩むよりも食べ、悩むよりも闘う。

前だけを、上だけを見て生きるはかない一生。

だからきっと
ぼくをはじめ、多くの人がアユという魚に惹かれるのだと思う。

(山根)

2011/8/11

<< 2011/8 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中