毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

川崎市の二ケ領用水でフナが大量死

川崎市の二ケ領用水でフナが大量死

つり人編集部=写真と文

今朝の読売新聞の川崎版に
川崎市多摩区の二ケ領用水で
フナやコイが大量に死んで浮かんでいるのが見つかった
という記事が載っていました。

二ケ領用水は多摩川を水源とする用水路で
江戸時代に農業用水路として整備されました。
川崎市の多摩区から幸区にかけて流れており
神奈川県内で最も古い人工用水路として知られています。

記事によると
JR南武線の宿河原付近で
フナやコイが300尾以上死んでいたそうです。

原因は工事の排水を流したためとか。
人間と違って
魚を殺した場合は
「スミマセン、気を付けます」
で済まされるのかもしれませんが
あまりにひどいと思います。

ちなみに、今から30年ほど前の二ケ領用水は
生活排水が流れ込むドブ川の様相で
周囲に異臭を放っていました。

しかし、それでもアメリカザリガニやマブナ、コイがいて
私は洗剤が浮かぶ流れに入って、フナやマッカチンを捕って遊んでいました。
石と石の間に手を突っ込むと
時には20センチ超のギンブナが手掴みで捕れたんです。

場所によってはヒルもいて
川から上がったらパンツ一丁になって
友だちとヒルを取り合いっこしていました。

それにしても
まだフナが生息していたとは……。

排水を垂れ流した業者に腹が立ったとともに
フナがまだいたという事実に、ちょっぴり心躍った朝でした。

(山根)

2012/10/17

<< 2012/10 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中