毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

今年の道志川は熱いゾ!

今年の道志川は熱いゾ!

つり人編集部=写真と文

道志川へアユ釣り取材。

道志川をはじめ、酒匂川、相模川、
狩野川といった都心近郊アユ河川
で行なわれてきた大会で、
圧倒的な強さを誇ってきた
平井幹二さんの

「サオ抜けポイントの見つけ方」

がテーマ。

午前9時に
このまさわキャンプ場前の釣り場に着くと、
平日だというのに、多くのファン。
しかし、水温が低いのか
サオが曲がる気配がない。

そんな様子を見ても全く不安がる
ようすがない平井さん。
それどころか
「よく水中を見てください。
アユだらけですよ(笑)。
今年は期待充分ですね」
と平井さん。

午前10時、平井さん実釣スタート。
開始早々、いきなりの入れ掛かり。
5月末に兵庫県揖保川で行なわれた
がまかつフィールドテスターアユ釣り大会
でブッチギリ優勝を収めて乗っているとはいえ、
周りの釣り人との差はいったい、なんなのか。

結局、正味4時間ほどで31尾の釣果。
「梅雨が明けたら楽しみですよ、今年は。
アユの数は申し分ないですから」
と平井さん。

サオをださずに平井さんを徹底マーク
した甲斐あってか、サオ抜けポイントの実態が
見えたような気がした。
詳細は月刊つり人8月号(6月25日発売)をご覧ください!
DSC_7554.JPG
このまさわの釣り場。平日だというのに、朝方は多くの釣り人がいたが、昼くらいには空き始めた…

DSC_7562.JPG
平井幹二さん。鋭い洞察力を持った、正真正銘のエキスパート





 

2006/6/8

2006/6 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中