毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

初心者がこんなに釣っていいのか!?

初心者がこんなに釣っていいのか!?

つり人編集部=写真と文

梅雨でのびのびになっていたカサゴ釣り取材を
ようやく決行。
が、今回はカサゴ釣りは初めての私と
イラストレーターの
もりなをこさんが挑戦するのだから、
果たして魚が拝めるのか不安。
簡単だと先輩に言われても、いや、だからこそ
万が一釣れなかったらというプレッシャーが重くのしかかる。

ハリの穴を通すようなフリーキックを決めておきながら、
PKを外したバッジオの気持ちがよく分かる。
……そりゃ大袈裟か。

山下丸.jpg
今回お世話になった久比里の山下丸さん(??0468-42-8856)で
サオ、リールからエサ、仕掛けなどすべて揃う


が、そんな心配は無用だった。
久比里の山下丸で沖へ出て、
仕掛けを海底に沈めると待つ間もなく
もりさんが1尾目をゲット。
しかもなかなかのサイズ。

カサゴ.jpg
この日はサバの切り身がよかったようだ。
大口いっぱいに切り身をほおばったカサゴちゃん


慌てて写真を撮り、
負けてなるものかとサオ先に神経を集中させる。
と、僕のサオにも待望のアタリが。

その後もアタリが遠のくことはあったものの、
2人して相当の数が釣れた。
なんだかうまくなった気分で喜んでいたが、
1人で我々2人分の釣果をあげた人もいたと聞いて愕然。

もりさんもかなりコンスタントに釣っていたのに、
手返しのよさ、エサ付けのスピード、根掛かりの回避法など
細かいところの積み重ねで差が出るのだろう。
釣りの道は奥深い。
この差を埋めるにはまだまだ時間が掛かりそう。

山下丸船長.jpg
船長の勝弘さんはとにかく親切で、
1日気持ちよく釣りができました。
仕事だということも忘れられたくらい


今度はカワハギ釣りに行きたいなぁ。

2006/8/2

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中