川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

神保町ブルース

神保町ブルース

つり人編集部=写真と文

世間はお盆休みに突入。
編集部は何ら変わりなく出社。
世間が浮き足立つお盆休みに働くことに
すっかり慣れてしまった。
むしろ、都内は空いていて快適だ。
しかし、宿酔なのか、胃がムカムカする。

昨夜は久しぶりに飲みに行った。
昔は週に2、3回と神保町で飲んだもんだが、
今では月に1回行くかどうか。
「どこの店に行く?」
いちおう、口には出してみるが、
我々の予算で入れる店は数軒しかない。
昨夜も、神保町で最も安いSへ行った。

とにかく安い。
魚肉ソーセージ50円、
塩辛100円
ぶりかま塩焼き380円……

数年前までは、この安さがウケて毎晩満員御礼だったが、
昨夜は空いていた。
やはり、景気は着実に上向いているのか。
なんだか取り残されたような気がして軽くブルー。

そういえば、数年前に
隣席のお客が残していった肴を失敬しようとしたら
「アンタ、なにやってる! ダメよ、アンタ、それ」
とウエイトレスのお姉さんにこっぴどく叱られたんだっけ。

遠く離れた席から学生たちの嬌声が聞こえてくる。
僕たちのテーブルは最初の1杯目から空気が淀んでいた。
「でも、安いっていうのはうれしいねえ」
相槌を打ちながらも、皆、箸を休めることはない。
50円の魚肉ソーセージが、こんなに旨いなんて。
子どものころ、よくこれでウグイを釣ったよな。
食べ物をエサにするなんて、随分と贅沢な暮らしをしていたもんだ。
などと感慨にふけっていると、
「あれっ? この枝豆、なんかヘンだぞ」
「やっぱり、カビだよな。オレもさっきから思ってたんだ」
「まあゴルゴンゾーラだってカビ食ってるようなもんだし、大丈夫だろ」
「ワッハッハッハ」
みんなが笑った。
僕も笑った。
笑いながら、なぜだか涙が込み上げてきそうになった。
僕はこれ以上ないくらいフニャフニャしたイカの塩辛を口に入れ、
熱く込み上げてくるものを塩辛とともに飲み干した。
 

2006/8/12

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中