川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

黒鯛話が止まらない!

黒鯛話が止まらない!

つり人編集部=写真と文

クロダイ落とし込み釣りシーズンもいよいよ終盤戦に突入。
そこで今回は東京湾の腕利きが集まる『東京湾黒鯛研究会』
に所属する大ベテラン・佐藤達夫さんと田村信彦さんを取材してきました。

場所は2人のホームグラウンドである野島防波堤。
田村さんは東京港「福の神丸」の船長で、
この時期は連日休みなしの状態でボート落とし込み釣りをしています。
そんな船長が「師匠」と仰ぐのが佐藤さんです。

1.jpg
田村さんの船釣りの仕事が忙しく、なかなか2人揃って堤防釣りをする機会がなくなったが、当日は久しぶりに仲良く馬ノ背を探った

こんな2人が揃ったら、きっと濃い話が聞けるだろうと
最初から座談会を企画。
さっそくテープを回すと
目からウロコの話が次々に飛び出しました。
カラスガイのこと、カニのこと、ニゴリのこと、ハリスのこと、やり取りのこと……。

聞いているだけでワクワクして
なんだか釣りが上手くなったような錯覚に陥ります。

ところが、話が面白すぎて、カットしてもカットしても
予定していた4ページには収まりそうもありません。
まさに嬉しい悲鳴というやつです。

急きょ6ページを割きました。
落とし込み釣りファンの方はぜひ読んでいただきたい内容です。

15.jpg
当日も44.4cmのクロダイをキャッチ。さすがは師匠!

2006/8/28

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中