川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

祝、人生初マダイ!

祝、人生初マダイ!

つり人編集部=写真と文

先日、マダイ釣り取材に行って参りました。
その時、ついに手にしてしまったのです。
我が人生初の記念すべきマダイを……。

その日は落とし込み釣りの名手・高橋利武さんたちと
上総湊の加平丸にお世話になったのですが、
なにしろシャクリマダイは初めて。
当然手バネザオなど持ったこともなく、
とりあえずは冷静に観察。
アワセ.jpg
手バネザオでのアワセは、
サオだけでなくラインを手繰って行なうとか。結構大変…


上からヒロ単位でタナを取るなど、結構難しそうでしたが、
高橋さんや、海老鯛連の田中会長、そして船長にもいろいろ教えてもらい、
ようやくコツは飲み込めたぞ!

……と思ったのですが、
見るのとやるのはまた違います。
最初はオマツリしたりと散々でしたが、
そのうちに慣れてきました。
大もの.jpg
船長はこんな立派なマダイを…。
これにはとても及びませんが、初めての僕にも釣れるくらいだから
今年の東京湾はスゴイのでは?


その時。
突然サオがガンと下に絞り込まれました。
反射的に大きく合わせ、
さらに言われたとおりラインを手繰ってハリを掛ける。
「よっしゃ!」
思わずガッツポーズ。
上がってきたのは1kgくらいのマダイ。
もちろん、即日刺身に。
刺身.jpg
いやあ美味しかった……。
あ、ついでに書いておくと、
一緒に飲んだ日本酒は浦霞の『ひやおろし』。
少し寝かせてあるそうで、
さっぱりした味わいのマダイににもぴったり。
いやあ、やっぱり冬は
刺身と日本酒ですねぇ。

いや、僕の場合は1年中か…。

高橋利武さん.jpg
高橋さんは釣り開始後すぐに余裕でマダイをゲット。
今回の模様は今月25日発売の2月号で!

2006/12/9

2006/12 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中