川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

鯛ラバが激アツ!

鯛ラバが激アツ!

つり人編集部=写真と文
現在発売中の『月刊つり人』9月号では
宮本善亘さんがゴムボート、同行の鈴木篤さんがカヤックに乗り込み
西伊豆で鯛ラバに挑戦したもようを掲載しています。

結果は大成功!
鈴木さんは良型オオモンハタをゲット。
宮本さんは朝から1?sオーバーのマダイを連発。

0708181.jpg
シャウト!のアンサーで宮本さんがキャッチした大ダイ

圧巻はこの81?pの大ダイ。
落として巻くだけでこんなマダイが釣れるなんて!

と思っていたら、今度は笛木展雄さんからも鯛ラバ連発の報告が。
得意のゴムボートをはじめ、エギングで使い慣れているレンタルボートを駆使して
良型マダイを釣りまくっています。
このもようは8月25日発売の『月刊つり人』10月号をご覧ください。
伊豆でも千葉でも連発しています。やばいです。
アオリイカのエギングがそうであったように
鯛ラバもボートから釣るのがブレイクしそうです。

0708182.jpg
元祖ゴムボマスターの本領発揮! デュエル『ソルティーラバー』で3?sオーバー

操船できない人やボートではポイントが分からないという人は
乗合船がおすすめです。
金沢八景の老舗船宿『野毛屋』さんでは
伝統のエビシャクリ船でこの鯛ラバが楽しめます。
ワタシも先日お邪魔させてもらったところ
運よく2?sオーバーをキャッチ。

0708183.jpg
東京湾湾口のブランドマダイを鯛ラバでゲット。最高です

乗合船、レンタルボート、ゴムボートと
愉しみ方もさまざま。そして外道も多彩な鯛ラバ。
ロックフィッシュへの効き目も抜群です。
ちなみに11月に発売予定の別冊『ロックフィッシュ地獄?V』でも
たっぷりと鯛ラバを特集しますのでお楽しみに!
(天野)

2007/8/18

2007/8 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中