川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

大潮後のちゅうしお…!?

大潮後のちゅうしお…!?

つり人編集部=写真と文


バチ抜け地獄が終った勢いで
そのままアオリイカ地獄の編集に突入したA兄が
昼下がりにバサー編集部のバイト君と話していた。

こちとら、月刊つり人5月号の校正で
それどころではないのだが、
会話が断片的に聞こえてくる。

どうやらバチ抜けシーズンに突入した
シーバス釣りについて語っているらしい。

「あの運河で…、バチが…、そうですね…、ルアーは…
ライズが…、大潮後のちゅうしおでした」

会話はすぐに終わり
ふたりとも机に戻ったが
バイト君の最後のひと言に
「聞いてはいけないものを聞いてしまった」ような
妙な胸騒ぎを覚えた。

ちゅうしお…?

それって中潮(なかしお)だろ?

バイト君を呼び止めて確認しようかと逡巡。
すると、耳の奥で
「ええじゃないか」
という声が聞こえてきた。

「ええじゃないか」
たかが世間話だし

「ええじゃないか」
いちいち指摘するのも口うるさいオヤジと思われそうだし

「ええじゃないか」
校正でそれどころじゃないんだし…


ちらりとA兄を見ると
平静を装うとしているのが一目瞭然。

「いま、ちゅうしおって言いませんでした?」
「なんか、言ってたみたいだね」

やはり、A兄も
「ええじゃないか」
と聞かぬフリを決め込んでいたのだ。

きっとA兄は切り出すタイミングを逸してしまったのだろう。

ならば僕が…。

「きっキミ、ちゅうしおじゃなくて、なかしおだろ」
「あっ、はい、そうでしたスミマセン」

昔、BOOWYの布袋寅泰のことを
ぬのぶくろとらやすと覚えていた友がいたが
その友に間違いを指摘したときと同じくらいの勇気が必要だった。
(山根)


















2008/3/13

<< 2008/3 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中