毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

富士川の大アユ釣り

富士川の大アユ釣り

つり人編集部=写真と文


日本三大急流のひとつ、富士川

今夏は豪雨の影響で
ほとんどアユ釣りができないでいる富士川へ
先週、行ってみた。

まだ水位は10cmほど高いものの
水のニゴリは取れてきて
ヘチには新アカが付き始めた。



大アユのハミ跡

岸際を注意深く歩いていると
場所によっては大きなハミ跡がいっぱい。
サオが入っていない分、
アユもたくさん残っているわけだが
大アユが潜んでいるだろう
流心部はまだアカが付いてない感じ。




しかし、残りアカねらいで
ポツポツとアユが掛かる。
25cm前後だ。
増水を繰り返したためアカの発育がよくなく
アユも成長していないのだろう。

しかし、昨日になって29cmが出たという知らせが届いた。
これは今週中に再チャレンジだと気合を入れていたが
また昨夜に豪雨があったらしい。

いったい、どうなってんの!?

北京オリンピックの際に
雨を強制的に降らせるミサイルを
中国は何発も空に向けてぶっぱなしたらしいが
ひょっとして、今夏の豪雨はその影響…!?

そういえば、オリンピック閉幕後は
1週間以上雨だったような…
(山根)

2008/9/15

<< 2008/9 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中