編集部2016年10月26日

アオリイカ料理/キモゲソの和風アヒージョ

美味しい鮮魚料理 料理-アオリイカ

アオリイカ独特の淡泊なキモを生かし、アオリ通が好むゲソだけをチョイスした日本風オリーブオイル煮のアヒージョがこれ!

通が好む日本風オリーブオイル煮

葛島一美◎料理・文・写真

アオリイカ独特の淡泊なキモを生かし、アオリ通が好むゲソだけをチョイスした日本風オリーブオイル煮のアヒージョがこれ!

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

材料
アオリイカのゲソ・エンペラ・キモ
シイタケ
ニンニク
万能ネギ
オリーブオイル
鷹の爪
塩コショウ
フランスパン


アオリイカのゲソとエンペラはひと口大に切り、キモを絡めておく
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (22)

シイタケは石突きを切って半割り、万能ネギは小口切りにする
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (23)

小鍋にたっぷりとオリーブオイルを注ぎ、ニンニクの薄切り1片分を入れる。中弱火にかけて香りが立ってきたらイカゲソを加える
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (24)

ある程度煮立ったところでシイタケとともに塩コショウで調味し、鷹の爪少々も入れる
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (25)

最後に万能ネギを散らして出来上がり。旨味が出たオリーブオイルは、バケットを浸して食べると抜群にうまい
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (21)
Check!
「アヒージョ鍋」
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (26)
ここ最近のアヒージョブームでいろいろな製品が出ている。陶器のアヒージョ鍋のほかフライパン、日本の土鍋など直径15~18㎝の小型鍋なら何でもよい。安価なものは1000円くらいから


2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!