川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アオリイカ料理/キモゲソの和風アヒージョ

通が好む日本風オリーブオイル煮

葛島一美◎料理・文・写真
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (21) アオリイカ独特の淡泊なキモを生かし、アオリ通が好むゲソだけをチョイスした日本風オリーブオイル煮のアヒージョがこれ!

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

材料
アオリイカのゲソ・エンペラ・キモ
シイタケ
ニンニク
万能ネギ
オリーブオイル
鷹の爪
塩コショウ
フランスパン


アオリイカのゲソとエンペラはひと口大に切り、キモを絡めておく
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (22)

シイタケは石突きを切って半割り、万能ネギは小口切りにする
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (23)

小鍋にたっぷりとオリーブオイルを注ぎ、ニンニクの薄切り1片分を入れる。中弱火にかけて香りが立ってきたらイカゲソを加える
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (24)

ある程度煮立ったところでシイタケとともに塩コショウで調味し、鷹の爪少々も入れる
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (25)

最後に万能ネギを散らして出来上がり。旨味が出たオリーブオイルは、バケットを浸して食べると抜群にうまい
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (21)
Check!
「アヒージョ鍋」
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (26)
ここ最近のアヒージョブームでいろいろな製品が出ている。陶器のアヒージョ鍋のほかフライパン、日本の土鍋など直径15~18㎝の小型鍋なら何でもよい。安価なものは1000円くらいから


2017/10/26

最新号 2018年7月号

第1特集は「癒されるニッポンの原風景を見つけた! 小川で釣る。七色のタナゴ」。
日本の里の水辺には、小さな宝石が泳いでいる。初夏はタナゴが鮮やかな婚姻色を身にまとう季節。
その鮮やかさは、世界でも一番小さな釣りの対象魚の魅力と、何より“私たちがこれからも残したい自然”を教えてくれる。

第2特集は「アユ釣り開幕」。アユ釣りファンなら誰もが気にする天然ソ上のよしあし。
今期は「良好!」という声が各地から聞こえてくる。
昨年撮り置いていた河津川、碓氷川、藁科川、五ヶ瀬川、一ツ瀬川での実釣記事のほか、
ダイワ鮎マスターズV3の瀬田匡誌さんのアユ釣り一問一答、解禁情報など充実の内容でお届け!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中