毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

テナガエビ釣り
多摩川

隙間を丹念に探りたい小向ポンプ場周辺、駅チカの六郷橋&ガス橋周辺

編集部&葛島一美◎文・写真
駅近のテッパン釣り場もあり!ハイシーズン到来の今が大チャンス!
都会の水辺に遊ぶテナガフィールドガイド。
ビギナーでも通いやすい駅近の釣り場を中心に、ビビンとキックバックが味わえるオススメ河川をご案内。


この記事は『つり人』2016年8月号に掲載したものを再編集しています。

六郷橋周辺


 多摩川を渡る3本の鉄橋を中心に、川崎市側の幸町交番下から第一京浜の六郷橋まで約700m続く多摩川随一のテナガエビ釣り場。上流側は角テトラの消波ブロック帯で、大きなブロックが整然と並んでいて足場がよい。釣りはこのブロックに乗り移り、あちらこちらの隙間をねらう方法になる。大人であればまず問題ないが、子ども連れでは無理をしないこと。1.2~1.5mの短ザオが使いやすい。

 一方、京急鉄橋から六郷橋間の下流側は、平坦なコンクリート護岸帯が釣り座になる。砂泥の川底に捨て石が入っており、潮が満ちてくると石周りにテナガエビが居着く。釣り座が水面から離れているので、1.8~2.1mザオが適し、場合によってはサオの全長よりも長めの仕掛けをセットしてもよい。満潮を中心に潮位の高い時間帯を選んで釣りたい場所だ。JR、京急とも川崎駅西口から川までは徒歩10分。コンビニは駅構内のほか通り道にある。(葛島)

116-119-tenaga-field_cs6 (9)
116-119-tenaga-field_cs6 (27)JR 鉄橋下から上流方面の眺め。テナガエビ釣りファンは角テトラの上から隙間を丹念に探る

116-119-tenaga-field_cs6 (28)下流の六郷橋に続くコンクリート護岸

116-119-tenaga-field_cs6 (29)立派なオスのテナガエビ

ガス橋周辺


 川崎市中原区の南武線平間駅から近いガス橋周辺は、緑地公園として散歩やジョギング、サイクリングを楽しむ市民で賑わっている。水際は夏草で埋もれた部分もあり一望はできないが、テナガエビの住みかに格好のブロック帯が続く。

 釣り場はガス橋上手の丸子ポンプ場排水口コンクリート護岸帯と、同橋下手にある野球場下のコンクリート護岸帯がファミリーにも好適。どちらも小さな釣り座だが、岸寄りの川底には捨て石が点在し好ポイントになっている。

 また、ガス橋上下に並ぶクイ周りは足場が斜めで不安定なため小さな子どもには難しいが、水面下に続く護岸の凹部はテナガエビが好み、潮位が上がってくるとポイントが近くなるのでねらってみると面白い。 平間駅からガス橋までは徒歩10 分。コンビニは駅前のほか通り道に1店舗。橋の下と野球場にトイレがある。(葛島)


116-119-tenaga-field_cs6 (8)
116-119-tenaga-field_cs6 (30)ガス橋の上流側。写真右奥にわずかに見える丸子ポンプ場の2 本の排水口出口がファミリー向けのコンクリート護岸帯

116-119-tenaga-field_cs6 (31)コンクリート護岸の前は捨て石が入っている。干潮時は護岸から下りてサオを出す


116-119-tenaga-field_cs6 (32)ガス橋下流側。河川敷からは夏草に隠れてクイの並ぶ斜め護岸帯が確認できないが有望スポットだ

  
 

 

 渓流、湖、里川、河口などさまざまな釣り場の魚種に応じた釣法&仕掛けがわかる川釣り仕掛け入門の決定版!

 

川釣り仕掛け入門






2017/6/25

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中