カテゴリー

福岡県 北九州市門司区 アジング ジグ単ライン戦略 その2(最終回)

編集部 2021年11月17日

手軽な釣りにも戦略アリ。繊細さが命のアジングにとってラインは釣りを大きく左右し、釣果にも関係する。特にジグ単のライン戦略はどう考えるべきか。

アジシーズン前に読んで得するラインの大前提

写真と文◎田町一歩

この記事は「ルアーパラダイスKyushu 2021年晩秋号」の記事を再編集しています

福岡県 北九州市門司区 アジング ジグ単ライン戦略 その1(全2回)

編集部 2021年11月17日

手軽な釣りにも戦略アリ。繊細さが命のアジングにとってラインは釣りを大きく左右し、釣果にも関係する。特にジグ単のライン戦略はどう考えるべきか。

アジシーズン前に読んで得するラインの大前提

写真と文◎田町一歩

この記事は「ルアーパラダイスKyushu 2021年晩秋号」の記事を再編集しています

アジ科の魚図鑑 その3 (最終回)~アジとつかないアジの仲間~

編集部 2021年11月9日

多彩なフィッシュイーターを誘惑する生命感あふれる金属、それがメタルジグである。 タイプを分ける決め手となるのが重心のバランスだ。動かし方やメリットをタイプ別にまとめた。

意外とたくさん!?アジの種類を知ろう!

解説◎工藤孝浩(神奈川県水産技術センター 内水面試験場)

この記事は「月刊つり人 2021年1月号」の記事を再編集しています。

アジ科の魚図鑑 その2 (全3回)~アジと名がつく魚たち~

編集部 2021年11月9日

多彩なフィッシュイーターを誘惑する生命感あふれる金属、それがメタルジグである。 タイプを分ける決め手となるのが重心のバランスだ。動かし方やメリットをタイプ別にまとめた。

意外とたくさん!?アジの種類を知ろう!

解説◎工藤孝浩(神奈川県水産技術センター 内水面試験場)

この記事は「月刊つり人 2021年1月号」の記事を再編集しています。

アジ科の魚図鑑 その1 (全3回)~アジと名がつく魚たち~

編集部 2021年11月9日

多彩なフィッシュイーターを誘惑する生命感あふれる金属、それがメタルジグである。 タイプを分ける決め手となるのが重心のバランスだ。動かし方やメリットをタイプ別にまとめた。

意外とたくさん!?アジの種類を知ろう!

解説◎工藤孝浩(神奈川県水産技術センター 内水面試験場)

この記事は「月刊つり人 2021年1月号」の記事を再編集しています。

厳選! 海のルアー釣りおすすめ釣り場 九州編・唐津市波戸新波止/西海市崎戸大島/大分市坂ノ市一文字/志布志沖堤

編集部 2021年11月1日

佐賀県北部の東松浦半島の先端近くに位置し、外洋の潮が当たる好ロケーションにあることから回遊魚が多く、かつてはバショウカジキまで釣れているのがこの波戸新波止だ。横一直線の形状で海底は岩礁帯が多く、特に外向きはそのほとんどが岩礁帯絡みで根掛かりも多いのが難点ではあるが、裏返せば根魚のポイントだらけということである。

いまこそ行きたいルアーで楽しめるおすすめ海釣り場

写真と文◎小田部修久

厳選! 海のルアー釣りおすすめ釣り場 関西・四国編・大阪府泉南市周辺/愛媛県日振島&戸島

編集部 2021年10月31日

大阪湾でアジの大型が釣れるポイントはそう多くはないが、有望なエリアが泉南である。和歌山との県境近くに位置し、ゴロタ浜や磯などの自然海岸も増えてくる。このエリアで大型が釣れる理由は、潮が速いということやエサが豊富という点もあるが、一気に落ち込んだブレイクが岸に隣接しており、潮などのタイミングで30~40cmクラスの大型も接岸しやすいのである。

いまこそ行きたいルアーで楽しめるおすすめ海釣り場

海のルアー釣りに必要なタックル:装備と安全対策編

編集部 2021年10月29日

 

 

ターゲット、使用ルアー、シチュエーションに合わせた適切なタックル(釣具)を揃えることが、釣果を出すための第一歩である。

ロッド、リール、ライン、ルアー、そして釣りをするうえで必要な基本の道具

写真&文◎新保明弘 写真◎つり人オンライン ※この記事は『海のルアー釣り入門』(新保明弘著/2014年出版)を再編集したものです

海のルアー釣りに必要なタックル:リール・ライン編

編集部 2021年10月29日

 

 

ターゲット、使用ルアー、シチュエーションに合わせた適切なタックル(釣具)を揃えることが、釣果を出すための第一歩である。

ロッド、リール、ライン、ルアー、そして釣りをするうえで必要な基本の道具

写真&文◎新保明弘 写真◎つり人オンライン ※この記事は『海のルアー釣り入門』(新保明弘著/2014年出版)を再編集したものです

海のルアー釣りに必要なタックル:ロッド編

編集部 2021年10月29日

 

 

ターゲット、使用ルアー、シチュエーションに合わせた適切なタックル(釣具)を揃えることが、釣果を出すための第一歩である。

ロッド、リール、ライン、ルアー、そして釣りをするうえで必要な基本の道具

写真&文◎新保明弘 写真◎つり人オンライン ※この記事は『海のルアー釣り入門』(新保明弘著/2014年出版)を再編集したものです

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。