カテゴリー

テナガエビ、コイ、ナマズ、ウナギ。多摩川で釣りをしてみよう!

編集部 2019年5月24日

これから好機を迎えるテナガエビの季節には、他の川魚たちも活気づく。朝から夕マヅメまで1日完全燃焼プランで大都会の川を遊んでみるのはいかが?

首都圏を流れる母なる川を、朝から夕まで遊びつくす

編集部◎レポート これから好機を迎えるテナガエビの季節には、他の川魚たちも活気づく。朝から夕マヅメまで1日完全燃焼プランで大都会の川を遊んでみるのはいかが?

身近な川の大物釣り ボイリーでねらうコイ釣り入門 :実際に釣ってみよう

編集部 2019年5月6日

近年人気が上昇しているのが、ボイリーと呼ばれる人工エサを使ったヨーロッパスタイルのコイ釣りだ。シーズンはサクラの咲くころスタートし、今がまさに絶好の時である。コイは多彩なフィールドで楽しめるが、入門はアタリの多い都市河川がおすすめ。身近な大もの釣りを楽しみに近くの川へ行ってみよう!

ポイント選びからエサ撒き、ランディングまで

講師◎内藤祐介

身近な川の大物釣り ボイリーでねらうコイ釣り入門 :ボイリーとヘアリグの準備

編集部 2019年5月5日

近年人気が上昇しているのが、ボイリーと呼ばれる人工エサを使ったヨーロッパスタイルのコイ釣りだ。シーズンはサクラの咲くころスタートし、今がまさに絶好の時である。コイは多彩なフィールドで楽しめるが、入門はアタリの多い都市河川がおすすめ。

茹でて作られたエサ「ボイリー」を仕掛けにセット!

講師◎内藤祐介

身近な川の大物釣り ボイリーでねらうコイ釣り入門 :道具編

編集部 2019年5月4日

近年人気が上昇しているのが、ボイリーと呼ばれる人工エサを使ったヨーロッパスタイルのコイ釣りだ。シーズンはサクラの咲くころスタートし、今がまさに絶好の時である。コイは多彩なフィールドで楽しめるが、入門はアタリの多い都市河川がおすすめ。

ロッドは投げ竿やルアー用でもOK!

講師◎内藤祐介

コイ釣り/埼玉県本庄市・間瀬湖

編集部 2017年10月26日

今回紹介するのは、埼玉県にある間瀬湖。間瀬湖というとヘラブナ釣りで有名だが、そちらは間瀬湖第1になる。その間瀬湖第1から上流へ300mほど行くと、周囲約500mの小さなダム湖がある。

コイ釣り場としてはマイナーであり、ゆったりとサオをだせる

山間のダム湖でひっそりと楽しむ

黒沢 晃◎文・写真

コイ釣り 神奈川県 横浜市・鶴見川

編集部 2017年4月25日

コイ釣りファン待望の春がやってきた。あちこちでコイが乗っ込み、大型の釣果が聞かれるようになる。都市河川である鶴見川でも春は大型を釣りやすい時期だ。

障害物をタイトにねらえ

森田光昭◎レポート

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!