カテゴリー

船のタチウオ釣り入門/テンビンタチウオ篇 第3回(全3回)

編集部 2022年6月25日

まずは船長の指示ダナまでオモリ(エサではなくオモリ)を落とし、その後ハリスの長さ分イトを巻き取る。これはハリスを張るための重要な工程。この動作を抜かしてしまうと、シャクリを入れてもエサに動きが伝わらずアタリが出にくくなってしまう。

船のタチウオ釣り入門/テンビンタチウオ篇 第2回(全3回)

編集部 2022年6月25日

エサの付け方は超重要。コノシロなどの切り身が配られるのでそれを使おう。身のセンターにハリがくることを心掛け、横から見たときに極力曲がらないように付ける。シャクったときにエサが回転してしまうとアタリが極端に出なくなってしまうのだ。

船のタチウオ釣り入門/テンビンタチウオ篇 第1回(全3回)

編集部 2022年6月25日

東京湾のタチウオ釣りでスタンダードな存在なのがテンビン釣り。魚の切り身を用いるエサ釣りだが、その動作はまるでルアーゲーム。シャクリのリズムや強さで恐ろしいほどの差が出る釣りなのだ。重要となるラインのセレクトからシャクリの極意まで、タチウオとの駆け引きを制する基本をお伝え!

ドラゴンをねらう。東京湾のテンヤタチウオ その3(全3回)

編集部 2022年6月23日

パコンッという小気味よい音でルアーが吸い込まれる魅惑のトップゲーム。なぜトップウォーターなのか。そしてどうすれば多くのバイトを引き出し、フッキングに持ち込めるのか。そのA to Z をキャスティング新大宮バイパス店の石川さんに教えてもらった。

叩き続けるとアタリ連発?!

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

ドラゴンをねらう。東京湾のテンヤタチウオ その2(全3回)

編集部 2022年6月23日

パコンッという小気味よい音でルアーが吸い込まれる魅惑のトップゲーム。なぜトップウォーターなのか。そしてどうすれば多くのバイトを引き出し、フッキングに持ち込めるのか。そのA to Z をキャスティング新大宮バイパス店の石川さんに教えてもらった。

叩き続けるとアタリ連発?!

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

ドラゴンをねらう。東京湾のテンヤタチウオ その1(全3回)

編集部 2022年6月23日

パコンッという小気味よい音でルアーが吸い込まれる魅惑のトップゲーム。なぜトップウォーターなのか。そしてどうすれば多くのバイトを引き出し、フッキングに持ち込めるのか。そのA to Z をキャスティング新大宮バイパス店の石川さんに教えてもらった。

叩き続けるとアタリ連発?!

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

小型軽量の電動リールで始める!テンヤタチウオ その1(全3回)

編集部 2022年6月16日

あっという間に東京湾に根付いたテンヤタチウオの釣り。やはり圧倒的に良型が揃うのが魅力だ

テンヤで東京湾に潜むドラゴンタチウオをねらってみては?

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

小型軽量の電動リールで始める!テンヤタチウオ その3(全3回)

編集部 2022年6月16日

あっという間に東京湾に根付いたテンヤタチウオの釣り。やはり圧倒的に良型が揃うのが魅力だ

テンヤで東京湾に潜むドラゴンタチウオをねらってみては?

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

小型軽量の電動リールで始める!テンヤタチウオ その2(全3回)

編集部 2022年6月16日

あっという間に東京湾に根付いたテンヤタチウオの釣り。やはり圧倒的に良型が揃うのが魅力だ

テンヤで東京湾に潜むドラゴンタチウオをねらってみては?

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

サーフのショアジギング入門! 回遊をねらえ! 後編

編集部 2022年4月24日

釣り座は岬状に出っ張っているような地形が少しでも変化している場所に構えたい。離岸流が生じていれば確率は上がる。ベイトが溜まりやすく、捕食が楽に行なえるとあってフィッシュイーターの寄りもよい。ちなみにベイトとして好ましいのは、あらゆる魚を引き寄せるカタクチイワシだ。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。