カテゴリー

神奈川県/柳島海岸のヒラメを釣って食べる!食べる編

編集部 2022年5月9日

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

食いしん坊ルアーマンが実釣!実食!

レポート◎亀田 智浩...

神奈川県/柳島海岸のヒラメを釣って食べる!釣る編

編集部 2022年5月9日

冬の終わりから春の始まりにかけては海の中が大きく変わろうとするタイミング。 産卵のため捕食のため岸寄りに集まるターゲットの数と種類が増える。 そしてこれから初夏にかけてますます身が美味しくなる魚もいる。 適度なキープで海の恵みを美味しくいただきます!

食いしん坊ルアーマンが実釣!実食!

レポート◎亀田 智浩...

より釣れるサビキ仕掛けを作るために。オーナーばりがこだわる1mm の違い・後編

編集部 2022年4月4日

きっと誰もが一度はやったことがあるサビキ釣り。サビキから釣りの世界へ入った人もいるくらいイージーで皆が楽しめる広き門だ。しかし、サビキには知られざる深い世界がある。「釣れるサビキ」の真相に迫る。

より多くの魚に出会うために

写真と文◎松本賢治こちらの記事は月刊『つり人』2020年5月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

より釣れるサビキ仕掛けを作るために。オーナーばりがこだわる1mm の違い・前編

編集部 2022年4月4日

きっと誰もが一度はやったことがあるサビキ釣り。サビキから釣りの世界へ入った人もいるくらいイージーで皆が楽しめる広き門だ。しかし、サビキには知られざる深い世界がある。「釣れるサビキ」の真相に迫る。

より多くの魚に出会うために

写真と文◎松本賢治こちらの記事は月刊『つり人』2020年5月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

ショアジギングロッドおすすめランキング18選|長さ・硬さの選び方も!

編集部 2022年3月31日

この記事では、ショアジギングで人気のおすすめショアジギングロッド全17製品をランキング形式で紹介!ショアジギングは岸から手軽に大物を狙うことのできる釣り。80cmクラスのブリやサワラなどの大型魚やハタ系の根魚やマダイなど多種多様な魚が掛かる可能性があります。

...

スーパーライトジギングロッドおすすめ人気18選|価格・特徴比較

編集部 2022年3月3日

スーパーライトジギングロッドは、近年ボート釣りで人気の軽めのジグを使うルアーフィッシングのために作られたロッドです。スーパーライトジギングをやり込んでいる中級者以上のアングラーだけでなく軽くて扱いやすいためこれからこの釣りを始めたいという初心者にもおすすめ。

...

【2022年】ヒラメ用ルアーおすすめ人気14選|仕掛け・釣り方も解説

編集部 2022年2月11日

この記事では、ヒラメのルアー釣りにおすすめのヒラメ用ルアーを厳選ピックアップ!ヒラメのルアー釣りに関する仕掛け・釣り方も解説します。

これまでにヒラメのルアー釣りをしたことがない初心者の方も、上級者の方も参考になる内容となっています。釣って楽しく、食べて美味しいヒラメのルアー釣りにぜひ挑戦してみてください。

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A 装備とマナーについて

編集部 2022年1月22日

ランディングの際は分厚めのゴム手袋かショートギャフがあれば便利。ゴム手袋はオオニベを砂に上げた際にエラに手を入れるのに適していて、楽にランディングできます。素手では怪我します。必ずゴム手袋使用です。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

湯村武広・押川昌弘=写真・文

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A ルアーの使い分けとアプローチについて

編集部 2022年1月22日

ナイトゲームの基本はただ巻きです。ただし、潮流に加えて手前に押してくる波と引く波があります。押してくる流れに乗ったら早巻きしてルアーが泳ぐテンションをしっかり感じること。引き波に乗った場合はスローでアピール。河口で川の流れや左右の潮の流れを強く感じる場合や足元の払い出しは、巻きを抑えて軽くロッドティップを煽るくらいのアクションも有効です。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

...

サーフ天国・宮崎県の名手が答える! サーフフィッシングQ&A  タックルとルアーセレクトについて

編集部 2022年1月22日

オオニベタックルはシーバスロッド9~10ftのMまたはMHクラスで20kgオーバーのオオニベは獲れる。リールは3000~4000でPEラインは最低300m、できれば400m巻ける番手。過去に200mのラインを全部出されて逃した人多数です。

オオニベ・ヒラスズキ・フラットフィッシュ

湯村武広・押川昌弘=写真・文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。