カテゴリー

松本幸雄さんに教わる! エリアトラウトの基本 第3回 応用編/大物狙いと釣果に差がつくグリップの握り

編集部 2022年1月29日

この釣りはありとあらゆる情報を駆使して組み立てていく釣りだ。魚の色も情報のひとつになる。同じニジマスでも背中が黒い(濃い)個体と白い(薄い)個体がいる。これらの違いで放流されてから時間が経っているかどうかがわかるのだ。黒い個体は放流したばかりのフレッシュな個体で、時間が経っている白い個体は経験値を積んで賢くなっている個体。

まずはスプーンとクランクを用意

文と写真=編集部

松本幸雄さんに教わる! エリアトラウトの基本 第2回 スプーンとクランクの基本の釣り方編

編集部 2022年1月29日

クランクベイトは入門者にうってつけ。重要なタナのキープは巻くのを止めたらすぐに沈んでしまうスプーンだと入門者には案外難しいものだ。しかし、フローティング、もしくはシンキングでもゆっくり沈むクランクベイトなら難しいことは考えずにゆっくり一定に巻けば誰でも同じ層を探りやすく、結果として魚も釣りやすくなる。

初心者にオススメはクランク。「ナリ」と「グリ」を覚えよう

文と写真=編集部

松本幸雄さんに教わる! エリアトラウトの基本 第1回ルアー・ライン・タックル編

編集部 2022年1月29日

ニジマスをルアーでねらう管理釣り場(=エリアトラウト)は初心者向けのイメージが強いが、実はエキスパートもハマる奥深さがあった。これから始める人や今までなんとなく釣ってきた人へ奥が深いエリアトラウトの基本を紹介。

まずはスプーンとクランクを用意

文と写真=編集部

冬のプールで楽しめる! ニジマスのルアーフィッシング!京都・かめプーFishing Park 後編

編集部 2022年1月16日

道具も基本の操作もシンプルながら、実はさまざまなテクニックの引き出しがあるのが管理釣り場のトラウトルアーフィッシングの面白さだ。そのエッセンスは、たとえばかめプーのような気軽に訪れられるニジマス釣り場でも全く変わらない。次の休みは「次の一尾のアタリをどう出すか?」に夢中になれる、奥深いゲームフィッシングにはまってみてはいかがだろう。

ルアーでの釣り方の基本

文と写真=編集部

冬のプールで楽しめる! ニジマスのルアーフィッシング!京都・かめプーFishing Park 前編

編集部 2022年1月16日

京都市内から車で45分。京都縦貫道・亀岡ICからすぐの亀岡運動公園プールにニジマス釣り場がオープンした。楽しめるのはルアーまたはエサ釣り。身近な釣り場のようすとルアーで楽しむためのコツをお届け。

冬期のレジャーにもぴったり

文と写真=編集部

渓流トラウトのエキスパート・飯田重祐が『ダブルクロスPE』を使い続ける理由。 第3回(全3回)

編集部 2022年1月9日

人差し指でのフェザリングのしやすさも、ラインを選ぶ際に注目すべき要素の1つ。その点、飯田重祐さんにとって最も指ざわりのいいラインがダブルクロスPE。高いキャスト精度を誇るエキスパートの釣りを支えるラインなのだ。キャストが決まればおのずとチャンスが増え、「ヒット」という結果が付いてくる。

フェザリングに適したラインの「指ざわり」

文と写真=編集部(宇野章則)

渓流トラウトのエキスパート・飯田重祐が『ダブルクロスPE』を使い続ける理由。 第2回(全3回)

編集部 2022年1月9日

飯田重祐さんがラインの視認性になぜこだわるのかというと、それはキャストのフィーリングを確認するため。頭に描いているイメージと実際にルアーが飛行する軌道を擦り合わせて、キャストの正確性と再現性をより高めるのである。

見えるラインの本当のメリットを考える

文と写真=編集部(宇野章則)

渓流トラウトのエキスパート・飯田重祐が『ダブルクロスPE』を使い続ける理由。 第1回(全3回)

編集部 2022年1月9日

自ら使うラインの特性を知り、そのディテールを追求することができれば、1日の釣行で出会える魚の数は必ず増える。だから、ルアーでもロッドでもなく「一糸専心」、ここではラインだけにこだわってエキスパートにレベルアップのヒントを学びたい。2022シーズンにリニューアルする新スーパートラウトアドバンス・ダブルクロスPEを題材に、秋の渓谷で飯田重祐さんにライン論を聞いた。

一糸専心、ラインを学ぼう。

トラウトロッドおすすめ人気ランキング18選|シマノ、ダイワなど

編集部 2021年12月31日

この記事では、人気メーカーのトラウトロッドおすすめ製品をランキング形式で紹介!

トラウトフィッシングはトラウト(ニジマスやヤマメなど)をルアーで狙う釣りであり、使用するルアーの種類や場所の多さからゲーム性の高い釣りとして知られています。

今回はトラウトを狙うために必要なロッドについて詳しく紹介。選び方を解説すると共に、おすすめの製品を18種類ピックアップしました。

...

アンバサダー2500Cを主役に抜擢した渓流ベイトフィネスの仕掛人 第3回(全3回)

編集部 2021年11月28日

Ambassadeur 2500Cによる渓流ベイトフィネスゲームが空前のブームを巻き起こして数年。その仕掛け人であるCASKETの手島浩志さんが、当時の変遷をたどる。

フリップキャストまでもが可能となり、渓流ベイトフィネスの魅力が倍増

写真と文=手島浩志

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。