<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=170559842213036&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

カテゴリー

春先の渓流釣り攻略:水温とポイント選びの重要性

編集部 2024年6月21日

水の冷たい春先は魚の活性も低い。動きの鈍い一尾との距離を詰めるためには、スローな誘いと釣り場選びが肝要になる。

水の冷たい春先は魚の活性も低い。動きの鈍い一尾との距離を詰めるためには、スローな誘いと釣り場選びが肝要になる。

写真と文◎編集部

山梨県/桂川水系 解禁早期の河川をテンポよく攻略するコツは?

編集部 2024年3月6日

山梨県北杜市のルアーメーカー・フィールドハンターの小林久さんにとって首都圏屈指のハイプレッシャー河川である桂川は通い慣れたフィールドだ。解禁から日が浅いシーズン前半の人気河川をこだわりのスプーンで釣り歩いた。

...

山梨県/桂川 メジャーフィールドで楽しむトラウトゲームの作法

編集部 2023年9月8日

関東エリアの渓流ルアーアングラーにとってメジャー中のメジャーフィールドである桂川。古くからこの川に通うあっちゃんこと中村篤人さんと、地元エキスパートのふもん寺さんこと山崎孝雄さんに、ワンモアフィッシュにつながるアドバイスをうかがった。

...

山梨県/釜無川 霊峰富士を眺めて夢は本流サツキマス その2(全3回)

編集部 2022年4月7日

全国おすすめ釣り場。「山梨県/釜無川サツキマスのエサ釣り」をご紹介します。

アマゴの降海型「サツキマス」が増えることを願って

この記事は月刊つり人2018年5月号の記事を再編集しています

山梨県/釜無川 霊峰富士を眺めて夢は本流サツキマス 最終回(全3回)

編集部 2022年4月7日

全国おすすめ釣り場。「山梨県/釜無川サツキマスのエサ釣り」をご紹介します。

アマゴの降海型「サツキマス」が増えることを願って

この記事は月刊つり人2018年5月号の記事を再編集しています

山梨県/釜無川 霊峰富士を眺めて夢は本流サツキマス その1(全3回)

編集部 2022年4月6日

全国おすすめ釣り場。「山梨県/釜無川サツキマスのエサ釣り」をご紹介します。

アマゴの降海型「サツキマス」が増えることを願って

この記事は月刊つり人2018年5月号の記事を再編集しています

アマゴ釣りおすすめ渓流ベスト5 山梨県・早川/月刊『つり人』編集部が選ぶ!

編集部 2022年3月12日

早川は多くの支流を抱えているので、本谷が濁っても釣りができるのが魅力。南アルプス街道沿いには西山温泉や奈良田温泉があり、釣りの後ひとっ風呂浴びて疲れを癒すのがおすすめ。

山梨県/河口湖 バス釣り おすすめシーズナルパターン 秋編(9月中旬~10月下旬)

編集部 2021年8月29日

バスフィッシングファンなら誰もが一度は耳にしたことがあるフィールド、それが河口湖だ。 都心からのアクセスもよく、富士五湖の中でも特に釣りが盛んな湖である。 バス釣りはボート、オカッパリ問わず人気が高く、また日本のトーナメントシーンの最前線として輝き続けている。今回はシーズナルパターン秋編をご紹介!

富士山の麓に広がる最先端のバスフィールド

解説◎中田敬太朗

山梨県/河口湖 バス釣り おすすめシーズナルパターン 夏編(7月上旬~9月上旬)

編集部 2021年8月26日

バスフィッシングファンなら誰もが一度は耳にしたことがあるフィールド、それが河口湖だ。 都心からのアクセスもよく、富士五湖の中でも特に釣りが盛んな湖である。 バス釣りはボート、オカッパリ問わず人気が高く、また日本のトーナメントシーンの最前線として輝き続けている。今回はシーズナルパターン夏編をご紹介!

富士山の麓に広がる最先端のバスフィールド

解説◎中田敬太朗

山梨県北都留郡小菅村・奈良子釣りセンター/奈良子川を自然のままに活かした管理釣り場

編集部 2020年12月4日

山梨県大月市を流れる葛野川の支流、奈良子川を自然のままに活かした管理釣り場。川底が見えるほど澄んだ水は美しく、緑あふれる景観の中で優雅にマス釣りが楽しめる。駐車場から管理棟、釣り場への動線がコンパクトにまとまっており、河原を長々と移動することが少ないため、初心者や子ども連れにやさしい釣り場というのも特徴だ。

関東エリア厳選!ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場

つり人編集部=写真と文

記事検索

  • 検索フィールドが空なので、候補はありません。

月刊つり人 最新号

つり人 2020年5月号

列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。