カテゴリー

ワカサギ釣り/ドーム船の四隅以外で人より釣るための4か条

編集部 2019年11月8日

関東屈指の人気フィールドである山梨県・山中湖。盛期になると、どのドーム船も満船となる人気ぶりだ。「FISHING HOUSE なぎさ」のスタッフであり、がまかつフックモニターの尾崎 渚さんは若手ながらベテランからも一目置かれる存在。そんな彼に山中湖のテクニックをお聞きした。

ハリの選択と、ワカサギを散らさないテクニックに気を遣おう

安藤隆弘=解説、丸山 剛、安藤隆弘=写真

ワカサギ釣り/ドーム船で釣果を伸ばすための道具立てとテクニック

編集部 2019年10月30日

関東屈指の人気フィールドである山梨県・山中湖。盛期になると、どのドーム船も満船となる人気ぶりだ。「FISHING HOUSE なぎさ」のスタッフであり、がまかつフックモニターの尾崎 渚さんは若手ながらベテランからも一目置かれる存在。そんな彼に山中湖のテクニックをお聞きした。

関東屈指の人気フィールド山梨県・山中湖を例に

尾崎渚=文

夏休みに会いたい!川あそびで触れ合える小魚図鑑14種!

編集部 2019年7月30日

釣りはターゲットを決めて、いわゆる本命をねらうことが多い。でも子どもが遊ぶのなら、ねらっていない魚が釣れてもうれしいはずだ。せっかく釣った魚なのだから、本命じゃないからとすぐ逃がすのではなく、じっくり観察してほしい。

釣り場で使える設置型・ワンプッシュ型虫除けをインプレ!

編集部 2019年7月29日

動が多い釣りの場合、スプレータイプの虫除けを使うのが基本。だが1ヵ所でじっくり粘る釣りや、あるいは源流などで野営する場合は、その場所自体に虫を寄せない工夫が必要だ。

バス釣り初心者必見! 濁ったときに釣るヒント

編集部 2019年7月26日

生きたエサではなく、ABS樹脂や軟質プラスチックでできたルアーを用いて魚との駆け引きを楽しむバスフィッシング。

ヤマメ・アマゴ釣り/初めの一歩・渓流釣りスタートガイド:後編

編集部 2019年7月3日

谷の妖精とも称されるヤマメ・アマゴ。繊細で難易度の高い魚と思う人もいるが、釣り方はいたってシンプル。流れに合わせてエサをトレースするだけ。ここでは渓流で初めての1尾を手にするためのプロセスをご案内!

初めて手にしたヤマメ・アマゴは誰だってうれしいものだ  
  • 1
  • 2

ポイントの見極め方

まとめ◎つり人編集部

ヤマメ・アマゴ釣り/初めの一歩・渓流釣りスタートガイド:前編

編集部 2019年7月2日

谷の妖精とも称されるヤマメ・アマゴ。繊細で難易度の高い魚と思う人もいるが、釣り方はいたってシンプル。流れに合わせてエサをトレースするだけ。ここでは渓流で初めての1尾を手にするためのプロセスをご案内!

透き通る流れから浮上する宝石のような魚  

道具とエサの選び方

まとめ◎つり人編集部

ハゼ釣り入門/道具はオールレンタルでOK!手漕ぎボートでハゼ釣り

編集部 2019年7月1日

東京から千葉に入ってすぐの江戸川放水路は東京湾内でも指折りのハゼ釣り場。岸からの釣りもできるが、波もなく穏やかな水路は手漕ぎボートで気ままに移動しながらの釣りが楽しい。 親子での釣り休日にもうってつけだ。

親子の釣り休日にピッタリ

つり人編集部=写真と文

テナガエビの釣り方/初心者にも簡単に釣れる! 安・近・短なテナガエビ入門

編集部 2019年6月18日

梅雨時にトップシーズンを迎えるテナガエビ釣り。 アタリはあるのに乗らないスリリングな駆け引きや、大きさからは想像できない小気味よい引きにすっかり魅了されてしまい、この時期を楽しみに待っているベテランも多い。

道具やポイントの選び方と釣り方のコツ

まとめ◎つり人編集部

毛バリをくわえる魚が見たい! ドライフライテンカラゲームのイロハ :後編

編集部 2019年5月24日

今、水面に毛バリを流してイワナやヤマメをねらうドライフライテンカラが人気です。『月刊つり人』2019年7月号でも特集されているように、水面に落ちて魚のエサになる昆虫が増えるこれからの季節はまさに好機。

キャスティングとアプローチの基本

つり人編集部=写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!