カテゴリー

今年のアジングは遠距離をねらうべし! 魅惑のロングディスタンスアジングとは!?

編集部 2019年9月9日

平成が終わって令和がスタート。いやはや歳月は移り変わるものですなぁ~と、思っていましたが、んっ? 待てよ、ふと『アジングJAPAN最前線』創刊号を見れば「2010年」のクレジットが!

秋のクロダイを身近な漁港周りで釣る方法

編集部 2018年9月25日

型の春、数の秋ともいわれるクロダイの旬。すなわち遭遇率が最も高い好機が今だ。房総半島南東端に位置する千倉周辺では、子ども連れでも安心の足場のよい港内で銀鱗が何度もサオを絞るチャンスとなる。

おすすめ時期:9~10月

編集部◎文・写真

アユ釣り/親子3代友釣りマンを育む美味アユが躍る水の都

編集部 2018年7月5日

山紫水明のアユ河川が幾筋も枝葉を広げる岐阜県。なかでも長良川上流域にある郡上八幡は毎夏多くの友釣りファンが訪れる水の都。ベテランが「この川のアユ釣りは一味違う」と口を揃えるのが長良川支流の吉田川である。

おすすめ時期:6~11月(解禁期間要確認)

文◎鷲見冬彦

秋のハゼ釣り/落ちハゼをねらうチョイ投げテクニック

編集部 2017年9月25日

岸まで潮が満ちた時間帯はカケアガリねらいでコンスタントに当たった ハゼは晩秋の10 月以降、深みに下り始める。するとリールザオに軽いオモリを組み合わせた「チョイ投げスタイル」の好機到来だ。落ちハゼの釣り場が多くある千葉県内房木更津エリアを舞台に、手持ち1 本ザオで探り歩く実践的なノウハウをご紹介しよう。

岸まで潮が満ちた時間帯はカケアガリねらいでコンスタントに当たった

...

アマゴ釣り/美味アユの川で育まれる渓魚

編集部 2017年2月24日

長良川と馬瀬川、2大名川の狭間を流れる和良川。 美味アユの川として知られるこの流れですくすくと育つ渓魚は多い。 そんな和良川で今年も朱点鮮やかな妖精が目覚めている。

おすすめ時期:2~9月

つり人編集部=写真と文

タナゴ・クチボソ・マブナ釣り/小もの仕掛けで何でもトライ!

編集部 2017年2月24日

春は魚たちがいっせいに動きだす季節。 最近はブーム的な人気もあって、タナゴ全盛の感もあるものの、つぶらな瞳の他魚にも劣らぬ魅力がある。 小もの釣り入門者の『つり人』編集長が、肩肘張らない癒しの釣りをご案内。

おすすめ時期:周年

つり人編集部=写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!