毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

フランス人も愛する多摩川カープ

フランス人も愛する多摩川カープ

つり人編集部=写真と文


突然スイッチの入った大ゴイの入れ食いに
一時はどうなるかと思ったが
10時30分の満潮が近付くにつれ
アタリが遠のいた。

満潮時刻を過ぎてもアタリは訪れず
静かな時が2時間ほど流れた。

「チュレマスカ?」

ビミョーなイントネーションで
背後から声。

振り返ると
あごひげを蓄えたガイジンさんが自転車にまたがっていた。

なんと、コイ釣りの下見にやってきたという。

彼の名は
シルヴァン・ガラスさん。

フランス人で映画監督だという。


一時間ほど話してすっかり打ち解けた福安さんとシルヴァンさん

大の日本好きということだが
聞いてみると
京都にも奈良にも行ったことがないという。

仕事でフランスと日本を行き来しているそうだが
日本にいるときはもっぱらコイ釣りをしているのだとか。

つまり、日本が好きなのは
コイ釣りを堪能できるからだという。

ホームグラウンドは多摩川で
荒川や江戸川にもよく行くそうだ。

シルヴァンさんいわく
今の日本のコイ釣りは
20年の前のフランスとよく似ているという。

ダンゴエサが主流だった20年前は、
フランスではコイ釣りというと
おじいさんたちの趣味だった。
若者にはほとんど縁がなかった。

しかし、ボイリーがイギリスからやってきて
ヘアリグやバイトアラームなど
現在のカープフィッシングのスタイルが確立されてから
一気にブレイクし
今や釣り人口の6~7割がカープフィッシングファンという。

もともと
イギリス、フランス、スペイン、ドイツといった
西欧で盛んだったのが
ここ数年は
ルーマニア、チェコ、ハンガリーなど
東欧でも大ブレイク中だとか。

「今はインターネットなどがあるから
日本でこのスタイルが普及するのに
それほど時間がかからないかもしれませんね。
カープフィッシングは最高の趣味だと思います」

とシルヴァンさんは、はにかんでいた。

映画監督をする傍ら
フランスでは
テレビの5チャンネルで
動物もののドキュメンタリー番組も制作しており

「いずれはコイ釣りのムービーも撮りたいです」

と熱く語っていた。



シルヴァンさんが帰ってすぐに
再び大ゴイラッシュが始まった。



なんとダブルヒットも2回あり
結局、16時30分までサオをだして
11回アタリがあり、取り込んだのは9尾。

そのうち、90センチ台が2尾で
60センチ台が1尾
残りはすべて80センチ台。

「じゃあ、これから愛知に帰ります」

福安さんはそう言って
黄昏の多摩川を後にした。

多摩川のコイも凄いが
福安さんの情熱と行動力、そして研ぎ澄まされた釣技には
ただただ脱帽だ。

(山根)





2009/12/10

<< 2009/12 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中