毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

往年のアユ名川の今

往年のアユ名川の今

つり人編集部=写真と文
石は大きく、水は清冽。
水量も多く、川幅は20~30m。
東北地方の山里に
釣り人ならだれもが「いいなあ」と思う景観の川が流れている。

仮に、この川をA川としておこう。

A川は15年ほど前までは
夏になると全国各地からのアユ釣り客で大層賑わった。
もちろん、春はヤマメ、イワナも釣れるが
夏場の釣り客は春の10倍はらくに超えていただろう。
東京からもマイクロバスを貸し切って
アユ釣りクラブが例会などを頻繁にやっていた。

ところが、琵琶湖産のアユに冷水病が蔓延してからというもの
A川は毎年のように不漁が続いた。
アユ河川の多くが冷水病対策のため
琵琶湖産アユの放流を見合わせていったが
A川は放流し続けた。

往年のA川でのアユ釣りを知る人たちは
それでもシーズンに何度かA川に足を運んだが
不漁が5年続き、10年続くうちに
遠来の釣り人はほとんどいなくなってしまった。

琵琶湖産アユの放流をめぐっては
業者と漁協放流担当者との癒着が発覚した河川もあり
実際に逮捕された組合員もいる。

ひょっとしたらA川もそうなのじゃないかという噂が
流れるようになった。

そんなわけでぼくももう
A川にアユの取材では10年以上も行っていない。

先日、A川が潤す村の関係者から聞いたのだが
アユ客を呼び戻すために今夏
A川漁協は環境コンサルタント会社にお金を払って
河川環境を調査してもらうのだという。

信じられないことに
漁協は放流アユが死んでしまうのは
放流種苗が悪いのではなく
河川環境が悪いからだと考えたそうなのだ。

ぼくに、そのことを話してくれた関係者によると
その環境コンサルタント会社は
アユのことはほとんど分かっていないようで
天然アユと放流アユの違い
人工産アユの現状など、なにも知識がなかったという。

そのようなコンサル会社に高額な調査費用を払い
いったい、何を調べてもらおうというのだろうか。

すべての環境コンサルタント会社がそうとは言わないが
環境コンサルタント会社というのは仕事柄
建設業者や役所との癒着をどうしても疑われてしまう。

今回の調査が漁協とコンサルとの癒着ではなく
放流アユ河川に救いの手を差し伸べるべく
画期的な試みであることを願うばかりである。

(山根)





2010/9/18

<< 2010/9 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中