川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

バチ抜けとはなんぞや

バチ抜けとはなんぞや

つり人編集部=写真と文
今月25日に発売の『バチ抜け地獄』。

編集作業にはまるで関わっていなかったのですが、
その中身がどうにも気になる。

なにしろ水の中をうごめく生きものに無上の愛を感じてしまう
ヘキがあるゆえ、
完成して編集部に届いた本を貪るように読んでしまった。
まあ今日は月刊『つり人』の編集作業は一休みということで……。


これが今月25日発売の『バチ抜け地獄』


そもそも、いろいろ種類はあるはずなのに
ひとくくりにバチだのといわれるのが
なんとなく哀れ(?)に思っていたのだが、
この本ではその辺りにもスルドク突っ込んでいる。

環形動物門多毛綱に属するくらいのことは
当然の知識としてあったが、まさかここまで種類がいるとは……。

いわゆるバチ抜けというのは、
これらゴカイの仲間が生殖活動を行なうため、
群れをなして遊泳することをいう。

種類の豊富さから考えても、そのタイミングなどはいろいろ違うはず。

研究を重ねれば、バチパターンでねらうシーバスフィッシングも、
より面白くなりそうだ。

編集部でもこのブキミな生きものの饗宴に魅せられた人が多いようで、
『バチ抜け地獄』の編集をした天野さんはもちろん、
フライフィッシャーの編集長、営業のメンバーなども
バチ抜けシーズンには午後になると挙動不審に陥り、
定時を待たずにロッドとともに消えていることがしばしば……。

こんな面白い釣りが東京都心からすぐの場所で
会社帰りに楽しめるのだから、
こりゃ経験しないと損かも。

というわけで、僕もちょっとトライしてみようかな。


タガメファンがバチ抜け地獄を読むの図


なるほどね、これがヤマトカワゴカイの頭部を腹側から見たところか……ふんふん。
いや、もちろん釣法やポイント紹介記事がメインですのでご安心を。

2008/2/22

<< 2008/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中