魚種別釣りガイド

船釣り超入門 船釣りに必要な道具【服装編】

海の船釣り(沖釣り)はいったいどんな服装で行けばいいのでしょうか? 外してはいけないポイントやマナーはあるのかも含め、帽子から靴下まで基本をまとめました。

編集部 2019年12月5日

船釣り超入門 アオリイカ・ティップランエギング編【船の乗り方・道具解説・釣り方】

ルアータックルでアオリイカをねらえるエギング。それをボートから行なうボートエギングのひとつがティップランです。先行者のプレッシャーを気にすることなく楽しめる、沖のエギングに入門してみよう!

編集部 2019年12月4日

シーバス釣り/ルアーボックスに見る釣れないアングラーの傾向とは!?

大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』釣れるボックスの作り方を紹介

編集部 2019年12月2日

シーバス釣り/「いつも同じポイント症候群」の克服法

新ポイント開拓でまず注目するべき要素とは? 大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』より

編集部 2019年11月27日
もっと読む

美味しい鮮魚料理

【動画】ニジマスのさばき方【塩焼き】

釣り場の流しでもすぐできる! 手際よくワタを取り串を打つ方法

釣り場の流しでもすぐできる! 手際よくワタを取り串を打つ方法

つり人オンライン=まとめ

編集部 2019年5月31日

テナガエビ料理/下処理・から揚げ・鬼殻焼き

釣るだけじゃもったいない!

釣るだけじゃもったいない!

写真と文◎葛島一美

編集部 2018年5月31日

野の自然食・山菜図鑑/コシアブラ

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

軽い食感で人気上昇中

写真と文◎浦壮一郎

編集部 2018年4月16日

野の自然食・山菜図鑑/ウド(ヤマウド)

雪解けを迎えた春の渓。河畔林の足もとや山肌に目を凝らすと、芽吹きを迎えた多くの山菜を見つけられる。なかでも見つけやすく食べやすい、おすすめをピックアップ。

釣りとの相性ぴったり

写真と文◎浦壮一郎

編集部 2018年4月12日
もっと読む

全国おすすめ釣り場

ワカサギ釣り/ドーム船のフィールド別攻略法:山中湖編

ビギナー歓迎のドーム船だが、突き詰めると奥が深い。各フィールドでの事例に挙げながらベテランのドーム船攻略法を見てみよう。今回は山中湖編です。

空中戦から底ベタの釣りまで。オールラウンドな力が求められる

安藤隆弘=解説、丸山 剛、安藤隆弘=写真

編集部 2019年11月7日

ワカサギ釣り/ドーム船のフィールド別攻略法:野尻湖編

ビビギナー歓迎のドーム船だが、突き詰めると奥が深い。各フィールドでの事例に挙げながらベテランのドーム船攻略法を見てみよう。今回は野尻湖編です。

ディープエリアを攻略するタックルバランス

安藤隆弘=解説、丸山 剛、安藤隆弘=写真

編集部 2019年11月6日

ワカサギ釣り/ドーム船のフィールド別攻略法:桧原湖編

ビギナー歓迎のドーム船だが、突き詰めると奥が深い。桧原湖、野尻湖、山中湖を事例に挙げながらベテランのドーム船攻略法を見てみよう。

キモは下バリの使い方

安藤隆弘=解説、丸山 剛、安藤隆弘=写真

編集部 2019年11月5日

テナガエビ釣り 荒川

駅近のテッパン釣り場もあり!ハイシーズン到来の今が大チャンス! 都会の水辺に遊ぶテナガフィールドガイド。 ビギナーでも通いやすい駅近の釣り場を中心に、ビビンとキックバックが味わえるオススメ河川をご案内。

石組みの旧岩淵水門&河川敷の施設充実木下川水門

編集部&葛島一美◎文・写真

編集部 2019年8月31日
もっと読む

釣り場を守る 環境レポート

自然に人の手を加えることの是非 「手助け」でもダメなのか? :後編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

自然に人の手を加えることの是非 「手助け」でもダメなのか? :前編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

我々は「手つかずの自然」を取り戻せるのか? :後編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか?

我々は「手つかずの自然」を取り戻せるのか? :前編

人間の都合で持ってきた生きものを、同じく人間の都合で、今度は駆除する……。 外来種というのは、本当に駆除すべきワルモノなのか? ...

編集部 2019年4月24日
もっと読む

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!