川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

水郷はわが心のふるさと

水郷はわが心のふるさと

つり人編集部=写真と文

母の郷里が福岡の柳川だったため
少年の頃、夏休みを
水郷、柳川で過ごした。

毎朝早起きして
近所のクリークでマブナを釣る。
8時くらいに納竿して
朝食を食べに家に戻る。

日中は暑くてフナは口を使わないので
カエルを捕まえてライギョのポカン釣り。

夕方には、またフナ釣りという
毎日釣り三昧の日々だった。

今でも夏の田園地帯に行くと
柳川で過ごした日を思い出す。



先日、関東の水郷、霞ヶ浦に行ったときのことである。
筑波山をバックにサオを出している老人が
どこか太公望を彷彿とさせていたので、
パシャッ、パシャッとシャッターを切った。

ウキ一点を見つめ
微動だにしない。

その姿勢は
釣りを悟り切った仙人のようですらあった。

構図を変えて撮影をしていると
仙人が長ザオを素早く振り上げた。

サオは大きくしなる。



ヘラブナか?
いや、コイだろうか。

仙人は落ち着いてサオをさばき
魚が手前に寄ってきたところで
ようやく腰を上げた。

タモで魚を掬いあげる。

これは、ちゃんと撮影させてもらおうと
カメラを小脇に抱えて
土手道を走っていくと
仙人が釣り上げた魚を
足もとのコンクリートに叩きつけていた。

ホワイ?

見れば
魚はキャットフィッシュだった。

「ナマズですか?」
「ったく、コイツばっかりだな」
「逃がしてあげないんですか?」
「こんな魚は殺したほうがいいんだ」
「……」

仙人だと思っていた釣り人は
ただのジジイだった。

キャットフィッシュだって
尊い命ある魚なんだから
何も殺すことはないだろう。

なんだかイヤな気分になって
その場所を後にした。
(山根)




2009/8/12

<< 2009/8 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中