編集部2019年12月2日

シーバス釣り/ルアーボックスに見る釣れないアングラーの傾向とは!?

シーバス-川 シーバス-海 魚種別釣りガイド

大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』釣れるボックスの作り方を紹介

大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』釣れるボックスの作り方を紹介

つり人オンライン=まとめ

041-01

 自分のルアーボックスには何かが足りない気がする……。そんな気持ちになったことはないでしょうか?  あるいはよく釣るアングラーのボックスの中身が気になったことは?

 釣果に伸び悩みを感じたときは、ルアーボックスの中身を再考してみるのもよいかもしれません。大野ゆうきさんは自身の著書『シーバス釣り超思考法』で釣れないアングラーのボックスには明確な傾向があると指摘しています。

 釣れないアングラーのルアーボックスNo.1は、似たようなタイプのルアーばかり入っているボックスです。きっと実績のあるルアーで同じようなことができるルアーばかりを各種メーカーで揃えてみたのでしょう。これでは刻一刻と変わる状況には対応できません。実績のあるルアーはもちろん入れておくべきですが、それだけでは時合を一瞬しか捉えることができず、長く堪能することは不可能です。…中略 …シーバスのコンディションにいつも使っているルアーが合っていないことで釣れないタイミングがあるかもしれません。そんな時こそ違うタイプのルアーを投げてみる勇気が必要です。

大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』p37より引用


 いつも同じポイントにしか行っていない人はとくにこの状態になりがちだと、大野さんは言います。いつもとは特性が違うポイントを釣りこんでみると、今まで釣ったことのないルアーの有効性に気が付きます。それをいつものポイントでも応用できるようになれば、今まで釣りこぼしていたコンディションのシーバスもヒットに持ち込めるかもしれません。

◆関連記事
シーバス釣り/「いつも同じポイント症候群」の克服法

 釣れないルアーボックスNo.2は、いろんなタイプのルアーが入ってはいるけれど、あまりにもルアーとルアーの間にやれることの隙間がありすぎるボックスです。たとえばバイブレーションプラグ1個、フローティングミノー1個、シンキングミノー1個、シンキングペンシル1個にワーム少し、といったように各ジャンルのルアーはまんべんなく入っているものの、これでは一つのタイプで出来る釣りが限られてしまいルアーにバリエーションがなく、細かいローテーションができない状態です。30年前はそんな感じも致し方なかったと思いますが、今では一つのジャンルのルアーでも細分化が進み、細かくレンジ・アクション・スピードを使い分けられるものが豊富にあります。それなのに「間を埋めるルアー」が存在していないことで対応できない状況が生まれてしまっているわけですが、まだ隙間の必要性に気づいていないため、揃えきれていないというのが実情でしょう。

大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』p40より引用


 ルアーは細分化が進んでいますが、だからといってむやみやたらに全部揃えるというのも金銭的な負担が大きいですし、混乱のもとです。まずは手持ちのルアーでカバーできていない状況に出くわしたときに、その隙を埋めてくれるモデルをひとつずつ買い足していくのがよいでしょう。

041-03

 こうして経験を積んでいくことで「どんな状況でも釣れる人のボックス」を自分なりに作り上げていくこともシーバスフィッシングの楽しみのひとつです。

 『シーバス釣り超思考法』には、現状に悩んでいるアングラーへのアドバイスやもうひとつ上のレベルへ行くための考え方が深堀されています。ぜひチェックしてください!

シーバス釣り超思考法

001_cover

定価:本体1,000円+税
著者:大野 ゆうき
四六判並製128P

シーバス釣りを始めてもう何年か経った。雑誌や動画などを熱心に見て、最新情報や釣り道具をゲットし、それなりに経験だって積んできたハズなのに! 今ひとつ思いどおりのゲームができない。釣果にもムラがある。 「ホントは思うように釣れなくて…」と言いたい。だけど、今さら誰に訊けばいい? そんなあなたに贈る、とっておきのステップアップ教書。 "湾奥のプリンス"ことシーバスフィッシングの最前線で活躍する大野ゆうきさんが、圧倒的な経験値と実績をもとに、アナタの凝り固まった思考を変え、行動パターンを変え、実技を向上させて、釣果UPにつなげます。 この一冊で、生きない経験、報われない努力にさよならしましょう。



◆こちらもどうぞ!

img07676
定価:本体1,400円+税
A4変型判116ページ



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!