編集部2012年11月15日

釣り用語の「オマツリ」とは?

月刊つり人ブログ

「あれ~、だれかとマツったかな?」 「あらら、またオマツリだよ」 なんてぐあいに 釣り場で、よくオマツリという言葉を耳にします。 なんでオマツリなの?

釣り用語の「オマツリ」とは?

つり人編集部=写真と文

「あれ~、だれかとマツったかな?」

「あらら、またオマツリだよ」

なんてぐあいに
釣り場で、よくオマツリという言葉を耳にします。

なんでオマツリなの?

オマツリとは
他人の仕掛けと自分の仕掛けが絡まった状態のこと。

釣りイトは細いです。

複雑に絡み合った細いイトを
両手を用いてほぐす動作が、
まるでお祭りで踊っているように見えるから
オマツリといわれるようになったのだとか。

ちなみに、
自分の仕掛けが絡まってしまった状態は
手前マツリといいます。

先日のツ抜けといい
釣り用語には、なかなか粋なものが多いです。

「こら、またお前とマツってんゾ!」
なんて怖い方もたまにいますけど……

(山根)



2012/11/15

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。