カテゴリー

ヤマメ・アマゴ釣り/初めの一歩・渓流釣りスタートガイド【2022年版!】

編集部 2022年6月24日

ヤマメやアマゴ釣りの仕掛けはシンプル。穂先からハリまで1本の糸を通しで使い、目印とオモリを付けても問題はない。だが天井糸、水中糸、ハリスとパーツをいくつか分けたほうが根掛かりや頭上の木に仕掛けを引っ掛けた時に糸の無駄を少なくできる。

ヤマメ釣り・アマゴ釣りの道具とエサの選び方、仕掛けの流し方に加え、入渓点と入漁券についても解説!

まとめ◎つり人編集部

【アマゴ】岐阜県/馬瀬川 山と川が織りなす渓流王国 後編

編集部 2022年5月26日

釣り方は「ベタ下ザオドリフト」。郡上の支流域で多用する釣り方でイラストを参照してほしい。この釣り方でアマゴ、イワナが連発。入れ食いになる。こうして大まかなパターンは掴めた。ずばり今日の馬瀬川は魚の活性が高い。でもやりやすい場所では型は小さい。サオ抜けポイントでは型もよく数も釣れる。

【アマゴ】岐阜県/馬瀬川 山と川が織りなす渓流王国 前編

編集部 2022年5月26日

岐阜県は山と川が織りなす渓流王国だ。葉脈のように広がる渓の各所に必ず腕達者がいるが、中でもめっぽうよく釣るのが郡上の釣り人である。かつて職漁師のいた土地柄ゆえ、アマゴ、アユを釣って一人前の男と言われる。ここでは郡上在住のエキスパート、松森渉さんの馬瀬川を舞台にしたアマゴ釣りをレポート。

山梨県/釜無川 霊峰富士を眺めて夢は本流サツキマス その2(全3回)

編集部 2022年4月7日

全国おすすめ釣り場。「山梨県/釜無川サツキマスのエサ釣り」をご紹介します。

アマゴの降海型「サツキマス」が増えることを願って

この記事は月刊つり人2018年5月号の記事を再編集しています

山梨県/釜無川 霊峰富士を眺めて夢は本流サツキマス 最終回(全3回)

編集部 2022年4月7日

全国おすすめ釣り場。「山梨県/釜無川サツキマスのエサ釣り」をご紹介します。

アマゴの降海型「サツキマス」が増えることを願って

この記事は月刊つり人2018年5月号の記事を再編集しています

山梨県/釜無川 霊峰富士を眺めて夢は本流サツキマス その1(全3回)

編集部 2022年4月6日

全国おすすめ釣り場。「山梨県/釜無川サツキマスのエサ釣り」をご紹介します。

アマゴの降海型「サツキマス」が増えることを願って

この記事は月刊つり人2018年5月号の記事を再編集しています

『鱒の森 2022年4月号(No.66)』 3月15日発売!!

編集部 2022年3月14日

アップストリームの攻略を可能にした各モデルが登場してから約30年ほどの間、僕らの相棒である渓流ミノーはやっぱり釣れて、カッコよくて、何よりそれを使った釣りは最高に面白くあり続けている。だから2022...

アマゴ釣りおすすめ渓流ベスト5 山梨県・早川/月刊『つり人』編集部が選ぶ!

編集部 2022年3月12日

早川は多くの支流を抱えているので、本谷が濁っても釣りができるのが魅力。南アルプス街道沿いには西山温泉や奈良田温泉があり、釣りの後ひとっ風呂浴びて疲れを癒すのがおすすめ。

アマゴ釣りおすすめ渓流ベスト5 岐阜県・益田川/月刊『つり人』編集部が選ぶ!

編集部 2022年3月12日

飛騨川上流部は下呂市内に入ると益田川と名を変える。本流は中山七里という奇岩怪石の連なる峡谷があり幅広のアマゴが釣れる。竹原川、小坂川、山之口川といった水光る美しい流れが枝を広げる。下呂温泉をはじめ各所に温泉があるのも魅力である。

アマゴ釣りおすすめ渓流ベスト5 静岡県・大井川/月刊『つり人』編集部が選ぶ!

編集部 2022年3月12日

井川湖上流は南アルプスの山々から流れ出る青く澄んだ流れに体色を合わせたきれいなアマゴが潜む。3月は春遠い感もあるが、支流ではアマゴがエサを追い、日中の陽射しを浴びて煌めく魚体が心を癒す。雪代が収まる7月からは本流が面白く、カーブにある深みだけでなく瀬からも良型のアマゴが飛び出す。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。