カテゴリー

初夏の堤防は竿1本で楽しめる! 仕掛けを替えていろんなターゲットをねらってみよう :第3回

編集部 2019年6月12日

海釣り入門に最適なのが堤防だが、ターゲットに合わせたタックルや寄せエサを揃えるのは大変。そこで、誰でも手軽にチャレンジできるようにサオ1本で楽しめる堤防フィッシングをお教えしよう!

砂地にチョイ投げでシロギスをねらう!

写真と文◎時田眞吉

東海・中部エリアでファミリーフィッシング!愛知県常滑市・前島周辺

編集部 2019年6月4日

りんくう釣り護岸は、セントレア中部国際空港の対岸に位置する1㎞ほどの釣り護岸。足もとから石積みが大きく張り出しているので護岸からは釣りにならないが、護岸中央部から突き出た眺望デッキであれば安全に釣りが楽しめる。

常滑港内には小型回遊魚が群れており、アミエビを撒くと、すぐ足もとに群がってくる。取材日はサバとサッパが次々と釣れた

足場のいい護岸でチョイ投げとサビキ釣り

レポート◎伊藤 巧

シロギス釣り/愛知県美浜町・冨具崎漁港

編集部 2018年10月26日

秋が色濃くなって知多半島の釣りシーズンも終盤戦に突入した。全体に浅い知多半島は水温の低下が早く、特に西岸は冷たい季節風が吹き始めるとアイナメなどの根魚と入れ替わるように多くの魚が深場に落ちていく。

埋立地岸壁は安全柵が設けられ、投げ釣りやチョイ投げの好スポットになっている。ブッコミ釣りでクロダイが食っていることも

晩秋の知多半島で欲張りプラン

伊藤 巧◎文・写真

シロギス釣り/大阪府貝塚市/貝塚人工島

編集部 2018年6月8日

初夏の投げ釣りといえばキス。カレイと並んで投げ釣りの人気ターゲットだ。関西でキスといえばシロギスのことだ。

シーズンに入ったばかりの2017年5月10日、L字防波堤で黒木さんが釣ったキスは15、16㎝の小型が多かった

ハリ数3本までで確実に掛ける投げ釣り

レポート◎高崎冬樹

メバル&シロギス釣り/愛知県南知多町/豊浜港

編集部 2018年4月27日

愛知県と三重県に面する伊勢湾は、国内最大の水域面積を誇る内湾だ。木曽川や長良川といった大規模河川が流れ込んでいるので、3月の湾奥は5℃近くまで水温が低下する。

GWの家族釣行にサビキ釣り&チョイ投げ

レポート◎伊藤 巧

シロギス釣り/三重県北牟婁郡・古里海岸

編集部 2017年8月25日

お盆も終わり残暑が厳しいこの時期、涼みながら釣りができる釣り場が古里海岸だ。海水浴場のため、夏は賑わいを見せる。海水浴客がいるため、朝マヅメ主体での釣りとなるが、安定した釣果が期待できる。

夜釣りでは良型がねらえる

ライトタックルで近距離をねらい撃ち

案内◎川井英嗣

ワタリガニ釣り&シロギス釣り/カニ網釣法で食材ゲット

編集部 2017年5月25日

タラバガニにズワイガニ、そしてケガニ。いずれも美味しい海の幸だが、負けず劣らずの食味を誇るカニがガザミ(ワタリガニ)。初夏に産卵を迎え、手軽な堤防でチャレンジできる。専用のカニ網をキャスト。食わせて釣るというよりも、網で絡め取るのだ!

初夏の異色ターゲット!投げて、待って、上げるだけ!

時田眞吉◎レポート

シロギス&イシモチ釣り 千葉県内房・大貫港

編集部 2017年5月25日

東京湾口に突き出た富津岬は、関東の天の橋立といわれている県立公園。海水浴場、潮干狩り、釣りなどマリンスポーツが盛んだ。

砂浜と平行に伸びる小堤防。外側でイシモチ、内側でシロギスがねらえる

澄み潮シロギス、濁ったらイシモチ

時田眞吉◎レポート

シロギス、カレイ、セイゴ釣り 静岡県浜松市浜名湖・弁天島海浜公園

編集部 2017年4月25日

JR東海道線を境に南側を表浜名湖と呼ぶ。今回紹介するのは表浜名湖にある弁天島海浜公園だ。

2016年の3月29日に試釣したところ、シロギス29尾の釣果であった

豊穣な汽水湖でバラエティーフィッシング

中村 實◎レポート

シロギス釣り 静岡県伊東市・川奈いるか浜堤防

編集部 2017年4月25日

4月下旬、気温の上昇とともに、徐々に水温も上がってくる時期。浜でシロギスがねらえるのはもう少し先。ところが堤防では比較的早めに釣果が聞かれ、特に初期は遠投することで大型のシロギスを数揃えることができる。

こんな釣果も夢じゃない

遠投でねらう初夏の良型

石橋和輝◎レポート

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!