毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ポカポカのクロダイ日和

ポカポカのクロダイ日和

つり人編集部=写真と文

久しぶりに春らしい穏やかな陽気になったのに
今日も編集部で校正……。

こんな日は渓流釣りもいいし
乗っ込みブナをねらうのもいいし
カープフィッシングでバイトアラームの音色に酔いしれるのもいいが
さっきクロダイの記事を見ていたら
無性にクロダイ釣りに行きたくなった。

そうそう、クロダイといえば海が荒れたほうが釣れるイメージがある。
たしかに、荒れたときに大釣りしたこともあるけれど
この時期に関して言えば
予期せぬ大釣りをしたことがあるのは
だいたい今日のような穏やかな陽気。

「こんなナギの日は釣れないだろうな」
とダメ元でやっていると
プカプカ浮いた円錐ウキが
ツツツーッと沈み
「どうせエサ取りだろう」
なんて思い軽く合わせると
ドズンと衝撃。

乗っ込みシーズンのクロダイは
大型といえど単独で行動していることは少なく
1尾釣れれば、2尾、3尾と釣れ続くことが多い。

ちなみに
ぼくが初めて地磯から40センチオーバーのクロダイを釣ったのは
15年ほど前の、ちょうど今頃。ポカポカ陽気だった。
場所は神奈川県三浦半島の雨崎で
水深は1・5メートルほどの浅場だった。

あのときの感動はいまだに色あせることなく
ぼくの脳裏に焼き付いている。

(山根)

2010/4/18

<< 2010/4 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中