毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

東京湾でカワハギ大爆釣!!!

東京湾でカワハギ大爆釣!!!

つり人編集部=写真と文

荒れ後の荒食いをねらって
カワハギ釣りの老舗船宿
久比里の山下丸さんへ。

同じことを考える人は多いようで
なんと平日にも関わらずカワハギだけ2艘出し。

ワタシが乗船した船には23名が乗り込みました。

出船の2時間近く前に着いたのですが
よさそうな席はすべて先客がいて
ワタシは右舷のミヨシをキープしました。

昨日は
現在発売中の月刊つり人1月号に載っている
カワハギ釣りの名手、林良一さんのテクニック解説記事を
10回以上熟読し、頭の中にイメージをたたき込みました。

キーワードは
「じらし」の後「食わせ間」に集中です。

午前8時出船。

まずは行程10分ほどの下浦沖25メートルラインをねらいます。

1投目から、いきなりの根掛かり。

なんとか無事に回収できましたが
船中、ポツポツと本命が上がっています。

スソにだけはなりたくない。

林さんの記事を思い出しながらサオ先に集中しました。

2投目ですぐに本命がヒット。

その後がすごかったです。

かつて体験したことがない怒涛の入れ掛かり。

1時間で20尾超え。

しかも型もまずまずで25センチ級も混じります。

昼から強風が吹き、
本来15時までのところ13時で早上がりとなりましたが
ワタシは72尾をゲット。

トップは左舷胴の間の方が81尾。

なんと、ワタシは船中2位でした!

カワハギ釣りの老舗、山下丸さんで船中2位になれたのは
間違いなく、林さんの記事を熟読していったからでしょう。

ちなみに、50尾超えも初体験でした。




林さん、そして山下丸さんありがとうございます!

(山根)

2013/11/27

<< 2013/11 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中