川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

写真で見るBasser Allstar Classic2007

写真で見るBasser Allstar Classic2007

つり人編集部=写真と文
PA217793.JPG
10月20~21日の両日、21回目となるBasser Allstar Classic2007
霞ヶ浦の土浦新港を舞台に開催された。2日間とも好天に恵まれ、
多くのギャラリーが見守る中、
20名のトッププロによる激戦が繰り広げられた。

PA217838.JPG
初日は前夜の雨の影響が心配されたが、8名の選手がリミットメイク(5尾)に成功し、ウエイイン会場を訪れていた多くの観客を沸かせた

PA207574.JPG
初日トップは初出場の橋本卓哉選手。なんと5210gというハイスコアを叩き出した。初日は北風が3~5m吹いており、風を味方にした選手がスコアを伸ばせたようだった。

PA207460.JPG
2番手はご存知、吉田幸二選手。3790g。その内の1尾は1520gで、これが今大会のビッグフィッシュ賞を獲得した。

PA207500.JPG
3番手は成田紀明選手。3440g。悲願の初優勝をねらう成田選手にとっては、2日目に望みをつなげる好位置である。過去の20回大会では、初日トップの選手が優勝したことはほとんどない。「何かが起こる」のがオールスタークラシックなのだ。

PA217914.JPG
2日目は雲ひとつない快晴。微風。魚の動きが悪いであろうことは、容易に想像できた。

PA217879.JPG
そんななか、初出場で初日トップというプレッシャーを微塵も感じさせない橋本選手が、タフコンディションに悩ませられる選手をよそに、快調に数を伸ばす。

PA217920.JPG
それを猛然と追いかけたのが相羽純一選手。初日は2860gで8位に甘んじていた。しかし、優勝候補のひとりであることは間違いない。2日目は北浦から北利根の広範囲を白黒の駿馬を駆ってランガンで走り回り、瞬く間にリミットメイクを達成。あとはサイズアップを図るのみ。時間はたっぷりある…

PA217944.JPG
2日目のウエイイン。ギャラリーは初日の倍以上。激戦の行方を固唾をのんで見守った。

PA218015.JPG
結局、相羽選手の追い上げは届かず、橋本選手が初出場初優勝という偉業を成し遂げた。橋本選手は2日目も3770gを持ち込み、2日目だけでもトップ。完全優勝である。
PA218108.JPG
オールスタークラシックに出場することだけを目標にしてきた橋本選手にとって、2007年10月21日は生涯忘れられない日になるだろう。壇上で感極まる選手に、多くの仲間から熱い声援がおくられた。僕もシャッターを切りながら、熱いものが込み上げてくるのだった。

PA218105.JPG
大会速報は「いいつり」で。詳細はBasser1月号(11月26日発売)でどうぞ!
(山根)

写真はすべて
オリンパス一眼レフE330
レンズ ズイコーデジタル14-54mm F2・8-3・5
     ズイコーデジタル11-22mm F2・8-3・5で撮影



















2007/10/22

2007/10 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中