編集部2020年2月7日

宮崎友輔選手、伊藤巧選手が参戦! B.A.S.S.エリートシリーズとは?

Basser バス釣り

日本時間の2月7日、アメリカでB.A.S.S.エリートシリーズが開幕します! 日本からは宮崎友輔選手、伊藤巧選手が参戦します!!

2020年第1戦初日は荒天のため中止に! B.A.S.S.公式サイトより

2020年開幕戦の初日ウエイインは2月8日早朝!

サイト・ビー=まとめ

日本時間の2月7日、アメリカでB.A.S.S.エリートシリーズが開幕します!
(初日が荒天のため中止となりました)
初日ウエイインは2月8日早朝に行なわれます。
日本からは宮崎友輔選手、伊藤巧選手が参戦します。

B.A.S.S.エリートシリーズとはなんなのか、一度おさらいしておきましょう。
B.A.S.S.はアメリカを本拠地とするトーナメント団体。現在、アメリカの二大トーナメント団体はB.A.S.S.とMLF。FLWはMLFに買収されました(このあたりの話は、現在発売中のBasser2月号に詳しくまとまっています)。

Basserに米国トーナメントの詳細レポートを執筆いただいている雨貝健太郎さんによる解説動画です。基礎知識から今季開幕戦の見どころまでこれを見ておけばばっちりです


B.A.S.S.は1968年にレイ・スコットが設立。世界で最も長い歴史をもつトーナメント運営団体です。その頂点には「バスマスタークラシック」があり、ハイエンドシリーズとして「エリート」が、その下部シリーズとして「オープン」(イースタンとセントラルの2地区)があります。数多くのトーナメントアングラーが「バスマスタークラシック優勝」を夢見て戦っており、「クラシック出場」をゴールとしている釣り人も数多くいます。

これまでエリートシリーズに参戦していた日本人選手は6名。大森貴洋選手と深江真一選手(ふたりは現在はMLFに移籍)、清水盛三選手(引退)、現在はオープン参戦中の伊豫部健選手と桐山孝太郎選手、そして宮崎選手(2020年シーズンもクォリファイ)です。

2019年シーズン、多くの日本人選手がオープンに参戦したことは記憶に新しいと思いますが、そのなかで上位フィニッシュを決め、エリート参戦権を勝ち取ったのが伊藤巧選手でした。

b_takumi-10
◆関連記事
2020B.A.S.S.エリートシリーズ/伊藤巧選手が最も使うロッドとは!?

2020年のエリートは全9戦が行われます。その合計ポイントで年間ランキングが決定され、AOY(アングラー・オブ・イヤー)やROY(ルーキー・オブ・イヤー)、クラシック出場権が決まります。

初戦の舞台はフロリダ州セントジョンズリバー。タイダルリバーと自然湖群が舞台で、バスの状態はプリスポーン~スポーンと予想されます(天候次第)。2016年と2019年の春にも試合が組まれており、いずれの試合もリック・クランが優勝しています。

強風予想により初日がキャンセルになった開幕戦。宮崎選手と伊藤選手の健闘に期待しましょう!



◆現地の最新情報を発信してくれる雨貝さんのTwitter、YouTubeにも要注目!


◆関連記事
2019年B.A.S.S.セントラルオープン 第4戦結果と最終年間順位
伊藤巧のB.A.S.S.挑戦記:第6回 不眠からのエリート昇格! 最終戦の試合展開詳報

b_basser2003banner ◆試し読みはこちら

今号は、ウインターシーズンにこそ読みたい記事が満載です。
実釣では、佐々一真さんの河口湖モンスターチャレンジ、オリキンガイドサービスのフィネス講習、並木敏成さんのイマドキ魚探道場などを掲載。これらの記事には、ライブスコープをはじめとした最新魚探が登場します。それが何のために・どのようなときに必要なのか、どう使いこなすのかはもちろん、それがない場合はどうすればいいのかまでを知ることができる内容となっています。

「モノ」のコンテンツも充実です。
まだ発売されていない最新モデルではなく、すでに発売されている注目製品を、本当に使い込んでいるアングラーが深堀りインプレ。ルアーやタックルはもちろん、ボート関連パーツからアパレル、往年の名作まで、あなたにとってのマストバイがきっと見つかるはず。

アメリカのトーナメント情報も大ボリュームです。雨貝健太郎さんが今季のBPT、B.A.S.S.エリート&オープンの見どころとフィールドの特徴を詳細に解説。今号を手元に置いておけば、日本人選手が参戦するトーナメントをより奥深く楽しむことができます。
 
Basser2020年3月号 b_Basser_hyo1_339-1
表紙をクリックすると試し読みができます




2020/02/07

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。