編集部2017年10月26日

アオリイカ料理/かき揚げ

美味しい鮮魚料理 料理-アオリイカ

小高くふわりと揚がったかき揚げ。さんしょう塩と柑橘類の酸味でさっぱりといただく。酒の後は天丼や天茶で締めるもよし!

小高くふわりと揚げる

葛島一美◎料理・文・写真

 
小高くふわりと揚がったかき揚げ。さんしょう塩と柑橘類の酸味でさっぱりといただく。酒の後は天丼や天茶で締めるもよし!


この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

かき揚げ

材料
アオリイカ
玉ネギ
三つ葉
市販の天ぷら専用粉
揚げ油

粉山椒
カボスなど柑橘類


アオリイカの身と玉ネギは1~1.5㎝角、三つ葉は3㎝くらいの長さに切る。油で跳ねにくいように天ぷら粉を全体に絡めておく
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (7)

揚げる直前に指定の水分量で溶いた天ぷら粉を合わせる
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (8)

揚げ油は170℃くらいの中温に熱し、具材を油に入れる際は玉じゃくしを使うとやりやすい
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (9)

油の温度が下がらないよう、少量ずつ揚げるのがコツ
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (10)

山椒塩の塩と粉山椒の割合は5:1が目安。目の粗い粗塩は小型の当たり鉢で少し砕くとよい
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (11)
Check!
「天ぷら専用粉」
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (12)
素人料理で最も難易度が高いのは天ぷら。製粉各社から発売されている天ぷら専用粉ならホイッパーで滑らかな生地に仕上げればよく、美味しい天ぷらが手軽に作れるはず

2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!