編集部2017年10月26日

アオリイカ料理/皮霜イカとセロリの柚子こしょう和え

美味しい鮮魚料理 料理-アオリイカ

シャキッと歯ごたえにごま油のうまみが融合

シャキッと歯ごたえにごま油のうまみが融合

葛島一美◎料理・文・写真


この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

材料
アオリイカ
セロリ
ブロッコリーやかいわれ大根などの新芽
柚子こしょうだれ(柚子こしょう小さじ1、ごま油大さじ1、ポン酢醤油小さじ半分の割合)
白ゴマ


アオリイカの身は横4~5㎝幅に切る
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (14)

次に格子模様の飾り包丁を刻む。切れ込みは身の厚さの3分の1程度を目安に、まずは斜めに入れた後……
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (15)

今度は直角に交わるように切れ込みを入れればよい
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (16)

皮霜造りは熱湯にさっとくぐらせ、表面が白く変わったら……
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (17)

氷水で冷やして水気をふき取っておく
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (18)

アオリイカの身は拍子木切り、セロリは筋を引いて斜め薄切り、ブロッコリーの新芽は長さ3㎝に切る
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (19)

食べる直前に柚子こしょうだれを作ってざっくりと合わせ、白ゴマを散らす
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (20)

2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!