編集部2017年7月25日

シイラ料理/ムニエルのカポナータソース添え

美味しい鮮魚料理 料理-シイラ

陸っぱりやオフショアのゲームフィッシングの好敵手であるシイラ。 鮮やかな体色と厳つい顔付きから「食べて美味しいの~?」といぶかる人が意外に多い。 だが、その身はクセのない淡泊な味わいで上品。

ふっくらシイラとソースの絶妙コンビ

つり人編集部=写真と文


陸っぱりやオフショアのゲームフィッシングの好敵手であるシイラ。
鮮やかな体色と厳つい顔付きから「食べて美味しいの~?」といぶかる人が意外に多い。
だが、その身はクセのない淡泊な味わいで上品。
さらに、さまざまな料理にマッチする相性のよさも持ち合わせている。そんな激ウマシイラ料理をご紹介。


この記事は『つり人』2016年9月号に掲載したものを再編集しています。

ムニエルのカポナータソース添え

材料

 
シイラ
漬けダレ
・醤油大さじ1
・白ワイン大さじ1
・ニンニク1個(すりおろす)
バター
オリーブオイル
薄力粉
カポナータ
・ニンニク 2片
・タマネギ1個
・赤パプリカ 1個
・ズッキーニ 1本
・ナス 3 本(油で揚げておく)
・トマト1個(種を取っておく)
オレガノ大1
ローリエ1枚
トマトピューレ(90cc、オリーブオイル適量、塩コショウを混ぜ合わせて煮込む。野菜は5mm角にカット)

ワンポイントアドバイス
ムニエルはバターを多めに使って、油で煮るイメージで作ると上手くいきます


108-111shiira_ryouri_cs6 (21) 塩をふり、10分ほど寝かせ、水気を拭き取ったシイラを15分ほどタレに漬ける


108-111shiira_ryouri_cs6 (22) 余分な漬けダレはキッチンペーパーで取り除く


108-111shiira_ryouri_cs6 (23) 薄力粉にまぶす


108-111shiira_ryouri_cs6 (24) 熱したフライパンにバター、オリーブオイルを敷き、焼いていく


108-111shiira_ryouri_cs6 (26) 軽く焦げ目が付くまでじっくり焼く


108-111shiira_ryouri_cs6 (27) カポナータをかけて完成

2017/7/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。