編集部2016年10月13日

ヤフーニュースで巨アユが話題の三隈川。釣りで手にした543gもスゴイです!!!!!!!

月刊つり人ブログ

現在ヤフーのトップニュースで580g、体長33.4cmのアユが話題になっていますが 10月9日にラインとメールで凄まじい重量のアユ情報が入ってきました。

ヤフーニュースで巨アユが話題の三隈川。釣りで手にした543gもスゴイです!!!!!!!

つり人編集部=写真と文

現在ヤフーのトップニュースで580g、体長33.4cmのアユが話題になっていますが
10月9日にラインとメールで凄まじい重量のアユ情報が入ってきました。


全長34.5cm、重量543g
釣り人は大分県日田市在住の高尾徳昭さん。

情報を提供していただいたのは
大分在住の筆者、吉良弘和さんと福岡在住の筆者、鎌田英樹さん。

ヤフーニュースの巨アユは日田漁協の組合員の猪山裕紀雄さんが刺し網で漁獲。
こちらは釣りで手にした魚。

ポイントは大分県日田市大山川 
日田漁協事務所付近の沈下橋下流とのこと。




三隈川の大アユに魅了され、地の利を生かして何度も通い込み、
一度サオを折られたというポイントでのリベンジ。








近年543gというアユを釣りで手にした人は、かなり珍しいのではないでしょうか。
もしかすると記録物かもしれません。

気になる仕掛けを一部。

水中イトはデュエルの「アーマードフロロ」0.2号。

今年はこのイトを使っている人をずいぶんと多く見かけましたが
ここにもひとり。

激闘のようすは来春発売の別冊鮎釣りでもお届けします。

(サトウ)


2016/10/13

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!