編集部2016年8月16日

また、熊による凄惨な事故が……

月刊つり人ブログ

ツキノワグマに襲われる事故が増えています。 深山幽谷の源流釣りなら分かりますが 町中を流れる中流部のアユ釣りをしている際にも ツキノワグマに遭遇することが増えています。

また、熊による凄惨な事故が……

つり人編集部=写真と文

ここ数年、渓流釣りやアユ釣りファンが
ツキノワグマに襲われる事故が増えています。

深山幽谷の源流釣りなら分かりますが
町中を流れる中流部のアユ釣りをしている際にも
ツキノワグマに遭遇することが増えています。

今春はアユ釣りのメッカ、米代川が潤す秋田県鹿角市で
ツキノワグマによる痛ましい死亡事故が4件立て続けに起きました。

そして今日、8月16日
群馬サファリパークで女性従業員がツキノワグマに襲われ死亡するという
信じられない事故が起きました。

亡くなった女性従業員は勤務25年のベテラン。
クルマで園内を巡回している際に襲われた模様で
クルマの運転席の窓が開いた状態で、安全のため窓に取り付けられたパイプが壊されていたそうです。
心よりご冥福を申し上げます。

これまで、ツキノワグマは臆病で滅多なことで人は襲わないと私たちは認識していましたが
近年の事故を見ていると
ツキノワグマの習性が変わってしまったのではないかと思わずにいられません。

大アユ、大ヤマメの秋
キノコ狩り、行楽の秋は
熊と人が最も接近する季節でもあります。

そこで緊急出版されたのが
熊!に出会った襲われた
です。




クマに出会わないために・出会った時のために。
16人のツキノワグマ遭遇+4人の襲われた壮絶体験が照らし出す、
クマの行動パターン&出会ったヒトの反応、クマ対策の常識と実際etc.
専門家や山岳ガイド、登山家、クマ生息地に暮らす人たちの視点も交え、
ツキノワグマの実像に迫っています。ヒグマ遭遇体験談も収載!

クマが冬眠の準備を始める前に
ぜひとも、ご一読ください!




2016/8/16

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。