編集部2013年7月9日

落雷で釣り人死亡

月刊つり人ブログ

昨日の都内の夕立ちは激しかったですね。 神田神保町では昼過ぎくらいからゴロゴロ鳴り出し ヒョウまで降ってました。 ちょうど、神田にヒョウが降り始めたころ 北区を流れる荒川で、釣り人が落雷に遭い亡くなられたそうです。

落雷で釣り人死亡

つり人編集部=写真と文

昨日の都内の夕立ちは激しかったですね。

神田神保町では昼過ぎくらいからゴロゴロ鳴り出し
ヒョウまで降ってました。

ちょうど、神田にヒョウが降り始めたころ
北区を流れる荒川で、釣り人が落雷に遭い亡くなられたそうです。

心からご冥福をお祈りするとともに
このような悲惨な事故が起きないよう
カミナリにはくれぐれも注意したいです。

特に、高性能カーボンを使用し、10メートル前後の長さがあるアユザオは
感電しやすいので要注意です。

カミナリが鳴っていなくても、雷雲が近づいてくると
サオを介してピリピリ手元に伝わることもあるくらいです。

弊社の書籍人気シリーズ
釣り人の「マジで死ぬかと思った」体験談
には、落雷や感電による事故も収録されています。



昔から、地震カミナリ火事オヤジと言いますので
自然をあなどってはいけません。

(山根)

2013/7/9

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!