編集部2021年10月31日

厳選! 海のルアー釣りおすすめ釣り場 東北編・浄土ヶ浜周辺/重茂半島重茂漁港/山田湾

メバル 海の岸釣り 全国おすすめ釣り場 アイナメ 岩手 クロソイ

宮古市中心部から近い、宮古市魚 周辺市場から対岸の日立浜までの堤防はチカ、アジなどのベイトフィッシュが濃いことからロックフィッシュねらいでも格好のポイントだ。魚市場側は大型漁船も停泊するため、水深があり不意の大ものがヒットすることも多い。日立浜側は水深が比較的浅く、遠投してズル引きやスロープなどの地形の変化を探るのが基本となる。

いまこそ行きたいルアーで楽しめるおすすめ海釣り場

写真と文◎中嶋康文

この記事は『つり人』2020年12月号に掲載したものを再編集しています。

岩手県・浄土ヶ浜周辺

各所の堤防周りで多彩な根魚と遊ぶ

GoTo_ph_2_5スロープの段差に潜んでいたアイナメ


 宮古市中心部から近い、宮古市魚 周辺市場から対岸の日立浜までの堤防はチカ、アジなどのベイトフィッシュが濃いことからロックフィッシュねらいでも格好のポイントだ。魚市場側は大型漁船も停泊するため、水深があり不意の大ものがヒットすることも多い。日立浜側は水深が比較的浅く、遠投してズル引きやスロープなどの地形の変化を探るのが基本となる。水深の変化があることで水温による魚の移動が漁港内だけで成立するため一年中魚がいるエリアだ。50cmを超える大物の実績も多数あり、県内外からの釣り客で賑わっている。釣果もさることながら、風光明媚な入り江内での釣りは魅力的。周辺のマリンハウス、レストハウスは食事処としても有名で、あわせて青の洞窟クルーズなども楽しむこともできる。

GoTo_ph_2_63~11月までは手漕ぎボートでロックフィッシングも楽しい! 問合先:浄土ヶ浜マリンハウス(TEL0193・63・1327)

GoTo_ph_2_2浄土ヶ浜の裏側、蛸の浜堤防。景色も美しい

●交通:盛岡方面からは国道106号から。宮古市街地からは10分程度。沿岸部からは国道45号線からアクセス。三陸自動車道、宮古盛岡道路を利用する場合は藤原ICを降りて車で15分

●問合先:釣研(TEL 0193・62・4920)

岩手県・重茂半島重茂漁港

秘境のロックフィッシュパラダイス!

GoTo_ph_2_7外洋側に位置する漁港は大型魚の期待高し!?


 三陸自動車道宮古南インターより重茂半島方面へ車で15分のところにある重茂漁港。海沿いのくねくね道から峠を越えなければならなかった当エリアだが、近年トンネルが開通し道路整備が進みアクセスが格段によくなっている。重茂漁港は漁師さんが営む遊漁船も多く地元では有名。もちろん陸っぱりも大型魚の確率が高く人気のスポットである。外海側の消波ブロックは立入禁止だが堤防の角や漁港内に点在する岩や崩れたブロックなどがロックフィッシュの棲家となっている。近隣の音部漁港、千鶏漁港なども外海側に面し大型がねらえる堤防として有名だ。アイナメやベッコウゾイを主体に多彩な根魚が潜む重茂半島はロックフィッシュファンなら一度は訪れたい秘境である

GoTo_ph_2_8陸っぱりでのアイナメ50UP!強烈な引きに大興奮!

●交通:三陸自動車道宮古南ICよりR45を南下、途中信号左折し重茂半島方面へ車で15分

●問合先:釣研(TEL0193・62・4920)

岩手県・山田湾

穏やかな湾内でアイナメ・ソイがライトタックルでねらえる

GoTo_ph_2_9夕暮れの山田湾、浦の浜漁港


 宮古市の南に位置する山田町に面する山田湾。カキ、ホタテの養殖業も盛んな山田湾へは三陸自動車道の山田インター、山田南インターで降り、国道45号から各漁港まで5~20分とアクセスがよい。釣り大会の開催地としても有名で陸っぱりアングラーにとって人気のエリアだ。国道4号線沿いに並ぶ漁港から対岸の船越半島まですべての漁港がアイナメ、ソイ類の好ポイントとなっている。数年前よりベッコウゾイの数が増え、サイズもよいものが釣れている。穏やかな湾なので消波ブロックなどのいわゆるヘビーカバーはほとんどないが、漁港内のスロープやシャローのアマモ帯などの目に見えるカバーをライトタックルでねらうのも面白い。養殖業の作業小屋が並ぶ漁港では、作業の際に多毛類やワレカラなどが一緒に流れ出るため排水周辺や近くの係留ブイなどに魚が着いていることが多い

GoTo_ph_2_10山田湾大沢漁港。アマモ帯やホンダワラが魚の棲家

●交通三陸自動車道山田IC または山田南ICよりR45に降りて各漁港へは5~20分。

●問合先:アールエスファクトリー(TEL0193・77・4180)

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。