カテゴリー

相馬沖のヒラメで『常磐もの』の魅力を体感! 福島の今を伝える釣り・料理企画開催レポート

編集部 2020年10月22日

...

2020年10月/神奈川県・城ヶ島沖のヤリイカ釣り@長井漆山港・光三丸

編集部 2020年10月7日

神奈川県長井漆山港の光三丸さんにお邪魔して、つり人で隔月連載している『爆乗り!昼イカ探訪帳』(10月25日発売の12月号掲載)の取材をしてきました。早くも季節はスルメイカからヤリイカに進んでおり、速い操作のパワーゲームから、スローな操作のフィネスゲームに移行していました。

台風の余波の影響か、ウネリが高かったため気を抜くとバラしてしまう状況のなか、直結仕掛けで数を伸ばした松田さん

...

2020年10月/「ペンシル持ち」でアタリ倍増! 東京湾のシロギス釣り

編集部 2020年10月5日

10月2日、月刊つり人12月号(10月25日発売)の記事に向けて、東京湾のシロギス釣りの取材に行ってきました。船宿は横浜市金沢八景の「荒川屋」さんです。周辺の船宿はどこもシロギス釣りがメニューですが、荒川屋さんは「一年中休みなしでシロギス乗合を実施」しているのが大きな特徴。そのため、熱心なシロギスファンの定宿になっています。

...

2020年9月/東京湾のLTアジ、秋も楽しさは変わらず

編集部 2020年9月29日

9月28日は川崎の船宿「つり幸」でLTアジの取材(10月25日発売の月刊つり人12月号に掲載予定)でした。竿頭は30尾!どうやって差をつけているかのか話を聞くと、キーポイントはアオイソメの長さでした。つり幸では付けエサにアオイソメを使いますが、ハリからの垂らしを2~3cmと普段よりもかなり長めにすると反応がよく、連続ヒットも多々。

...

宮城県塩釜市~名取市・仙台湾のマアジ釣り

編集部 2020年8月3日

カレイの活性が下降気味になる水温上昇期にシーズンを迎える好ターゲットがマアジ。中層ねらいの面白さと味の良さで人気急上昇中。

群れによりサイズは異なるが、アベレージは30㎝前後といったところ。いい時期や群れに当たれば40㎝オーバーの良型が頻発することも珍しくない

中層が躍動する夏秋の仙台湾中南部

レポート◎道下 裕

愛知県南知多町・師崎港出船のアジ&イサキ釣り(大山沖)

編集部 2020年7月10日

本格的な回遊が始まると1人30尾以上の大量も期待大!

当日ミヨシで上がったイサキ。30 ㎝ほどのサイズだったが太っていて実に美味しそうだった

初夏から始まる大山沖の吹き流し釣り

レポート◎伊藤 巧

船釣り超入門 マダイ釣り・タイラバ編【道具解説・釣り方】

編集部 2020年4月1日

日本人になじみが深く釣りのターゲットとしてもあこがれる人が多いマダイ。船からのマダイ釣りはさまざまなスタイルがありますが、近年全国に広がりを見せる人気&手軽な釣り方がタイラバです。漁具生まれのシンプルなルアーは、人気の広がりとともに奥深さに気付く人が増え、今もファンが拡大しています。そんなタイラバの基本を、イチからおさらい!

船釣り超入門 船釣りに必要な道具【収納・クーラーボックス編】

編集部 2020年2月4日

海の船釣り(沖釣り)に適したバッカンとクーラーはどんなタイプ?答えはねらう魚種によって異なります。上州屋神田駅前店・鈴木尚之店長に教えてもらった基本をまとめました。

船釣りの服装まとめ/春・夏・秋冬 季節別に解説。船釣り入門

編集部 2019年12月5日

海の船釣り(沖釣り)はいったいどんな服装で行けばいいのでしょうか? 外してはいけないポイントやマナーはあるのかも含め、帽子から靴下まで基本をまとめました。

船釣り超入門 アオリイカ・ティップランエギング編【船の乗り方・道具解説・釣り方】

編集部 2019年12月4日

ルアータックルでアオリイカをねらえるエギング。それをボートから行なうボートエギングのひとつがティップランです。先行者のプレッシャーを気にすることなく楽しめる、沖のエギングに入門してみよう!

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。