カテゴリー

【渓流トラウトルアー】ダイワ「シルバークリークミノー・スローフォールカスタム40SS」使用法を開発者に訊く!

編集部 2022年4月3日

小粒のシンキングミノーを主力にしているアングラーの間で人気の渓流ミノーが、シルバークリークミノー・スローフォールカスタム40SSだ。ニュールアーではないけれど、2022新色も加わったとのことなので、開発担当のグローブライド・請川知彦さんにそのコンセプトをあらためてうかがった。

スローフォールの有効性とは?

開発者=請川知彦、まとめ◎編集部(鱒の森)

【渓流トラウトルアー】ティムコ「ラウド45S」の使用法を開発者に訊く! 後編

編集部 2022年4月3日

ミノーの使い方はアングラーそれぞれに正解がある。しかし、ポテンシャルを100%引き出すには、その根底にあるコンセプトを知っておいたほうがいいはずなのだ。そこで、今期注目の渓流ミノーについて、各メーカーの開発者にそのコンセプトとおすすめの使い方をインタビュー。

リップとボディーでアップの流れに食いつかせる

開発者=田崎翔、まとめ◎編集部(鱒の森)

【渓流トラウトルアー】ティムコ「ラウド45S」の使用法を開発者に訊く! 前編

編集部 2022年4月3日

ミノーの使い方はアングラーそれぞれに正解がある。しかし、ポテンシャルを100%引き出すには、その根底にあるコンセプトを知っておいたほうがいいはずなのだ。そこで、今期注目の渓流ミノーについて、各メーカーの開発者にそのコンセプトとおすすめの使い方をインタビュー。

インジェクションだからこそつくれるミノー

開発者=田崎翔、まとめ◎編集部(鱒の森)

【渓流トラウトルアー】バスデイ「もののふ50S / 45S」の使用法を開発者に訊く!

編集部 2022年4月3日

ミノーの使い方はアングラーそれぞれに正解がある。しかし、ポテンシャルを100%引き出すには、その根底にあるコンセプトを知っておいたほうがいいはずなのだ。そこで、今期注目の渓流ミノーについて、各メーカーの開発者にそのコンセプトとおすすめの使い方をインタビュー。

誰もが使いたくなる美しいミノーであること

開発者=大林朗、まとめ◎編集部(鱒の森)

【渓流トラウトルアー】メジャークラフト「エデン」シリーズの使用法を開発者に訊く! 後編

編集部 2022年4月3日

ミノーの使い方はアングラーそれぞれに正解がある。しかし、ポテンシャルを100%引き出すには、その根底にあるコンセプトを知っておいたほうがいいはずなのだ。そこで、今期注目の渓流ミノーについて、各メーカーの開発者にそのコンセプトとおすすめの使い方をインタビュー。

エデンシリーズの開発コンセプトに迫る

開発者=石塚恒、まとめ◎編集部(鱒の森)

【渓流トラウトルアー】メジャークラフト「エデン」シリーズの使用法を開発者に訊く! 前編

編集部 2022年4月3日

ミノーの使い方はアングラーそれぞれに正解がある。しかし、ポテンシャルを100%引き出すには、その根底にあるコンセプトを知っておいたほうがいいはずなのだ。そこで、今期注目の渓流ミノーについて、各メーカーの開発者にそのコンセプトとおすすめの使い方をインタビュー。

エデンシリーズの開発コンセプトに迫る

開発者=石塚恒、まとめ◎編集部(鱒の森)

【シロギス釣り】投げ釣りトーナメント優勝者が実践するテンビンの使い分け 後編

編集部 2022年3月27日

 『投げ釣りパラダイス2022』では、テンビンとオモリの使い分け最前線を特集! 今号の特集記事の中からイチオシ記事を特別公開!シマノジャパンカップ(投)キスで3回優勝、神奈川サーフ所属の伊藤幸一さんが、自身が最先端の競技シーンで使用している5種類のテンビンとその使い分けを詳細に明かす! 

トーナメンター・伊藤幸一さんが競技の世界で使用する5種類のテンビンとは?

伊藤幸一=写真と文

【シロギス釣り】投げ釣りトーナメント優勝者が実践するテンビンの使い分け 前編

編集部 2022年3月27日

 『投げ釣りパラダイス2022』では、テンビンとオモリの使い分け最前線を特集! 今号の特集記事の中からイチオシ記事を特別公開!シマノジャパンカップ(投)キスで3回優勝、神奈川サーフ所属の伊藤幸一さんが、自身が最先端の競技シーンで使用している5種類のテンビンとその使い分けを詳細に明かす! 

トーナメンター・伊藤幸一さんが競技の世界で使用する5種類のテンビンとは?

伊藤幸一=写真と文

【ビッグベイトシーバス】バラさないためのトレブルフック選び 後編

編集部 2022年3月26日

『SEABASS Life NO.12 春号』の特集は「道具で釣りはどう変わる?」。シーバスゲームでフックの重要性が語られはじめて10年以上が経つだろう。ビッグベイトシーバスの流行りでフックアウトはさらに顕著な課題となってきた。長年、フックに悩み続けるビッグベイター衣川真吾とがまかつの松本太郎が本音をぶつける。

ベンド、シャンク、バランス……

編集部=文

【ビッグベイトシーバス】バラさないためのトレブルフック選び 前編

編集部 2022年3月26日

『SEABASS Life NO.12 春号』の特集は「道具で釣りはどう変わる?」。シーバスゲームでフックの重要性が語られはじめて10年以上が経つだろう。ビッグベイトシーバスの流行りでフックアウトはさらに顕著な課題となってきた。長年、フックに悩み続けるビッグベイター衣川真吾とがまかつの松本太郎が本音をぶつける。

ようやく登場したビッグベイト専用フック

編集部=文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。