<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=170559842213036&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

カテゴリー

【止水などで効果的!】トラウティンサージャー6cm

編集部 2024年4月8日

道内各地のルアーアングラーに、思い出の釣行を振り返っていただき、自信を持っておすすめできるルアーを紹介してもらうコーナー。そのルアーの特徴や使い方、タックルも聞く

道内各地のルアーアングラーに、思い出の釣行を振り返っていただき、自信を持っておすすめできるルアーを紹介してもらうコーナー。そのルアーの特徴や使い方、タックルも聞く。

写真=齋藤義典 

アスリートは海アメ・海サクラにも有効!

編集部 2024年4月5日

道内各地のルアーアングラーに、思い出の釣行を振り返っていただき、自信を持っておすすめできるルアーを紹介してもらうコーナー。そのルアーの特徴や使い方、タックルも聞く。

道内各地のルアーアングラーに、思い出の釣行を振り返っていただき、自信を持っておすすめできるルアーを紹介してもらうコーナー。そのルアーの特徴や使い方、タックルも聞く。

写真=齋藤義典

釣り糸メーカースタッフに聞きました!エステルラインのカラーの特徴

編集部 2024年3月26日

アジングの主流はエステルである。ここではエステルラインのカラーについて話を聞いた。

ラインカラーの話

解説◎バリバス企画宣伝部 岸田凌

【メーカー担当者に聞いた】D-コンタクト開発ストーリー

編集部 2024年3月20日

慣性スライドを備えたヘビーシンキングミノーの名作、D-コンタクトの開発秘話をスミスの平本仁さんに聞いた。

慣性スライドを備えたヘビーシンキングミノーの名作

解説◎平本仁

【ヴァンフック】渓流ルアーのフック選び

編集部 2024年3月13日

連続する落ち込みや激しい流れの中を通していく渓流ルアーは石にぶつけることも多くフックが傷みやすく消耗度も高い。またヤマメ特有の身をよじらせるローリングはバラシも多い。こまめなフック交換が釣果アップにつながるのはもちろん、シングル、ループ、トレブルの使い分けや使い所が分かるとより多くの渓魚を手にすることができる。ここではヴァンフックの田口祐太さんに、渓流ミノーイングの効果的なフック使いを聞いた。

釣具店員さんに聞いた渓流ルアーの上手な揃え方

編集部 2024年3月8日

これから本格的に渓流ルアー釣りに挑戦する方に向けて、老舗プロショップの店長がルアーを購入する考え方のヒントをアドバイス!

これから本格的に渓流ルアー釣りに挑戦する方に向けて、老舗プロショップの店長がルアーを購入する考え方のヒントをアドバイス!

写真と文◎編集部

TULALA(ツララ)が考えるシーバスロッドのあり方

編集部 2023年12月7日

国内外の魚を対象としたTULALA(ツララ)はマニアックなラインナップと汎用性の高さでエキスパートを中心に人気のロッドメーカーだ。そんな人気かつ実用的なロッドの開発に携わっている藤原康仁さんにシーバスロッドとしてのツララの魅力を聞いた。

...

【シーバス】ライコの使い方│使い勝手抜群のウエイクベイト【ジャッカル】

編集部 2023年12月5日

ジャッカルからランカーを獲るシーバスルアーの第一弾として『RAICO(ライコ)132F』がリリースされる。大型ベイトパターンに特化したウエイクミノーに、ジャッカルらしい斬新なアイデアが随所に盛り込まれている。ライコの開発に携わり、実際にフィールドでテストを重ねた馬場啓輔さんと久田智司さんに効果的な使い方を伺った。

...

ソルトルアー用ハンドメイドプラグ4選│釣具店の店長に聞きました

編集部 2023年11月17日

ビッグゲームではショア、オフショアを問わずウッドプラグに根強い人気がある。ソルトルアー専門店の海吉の岡本幸典さんにイチオシのプラグを展開しているブランドを4つ教えてもらった。

ビッグゲームではショア、オフショアを問わずウッドプラグに根強い人気がある。ソルトルアー専門店の海吉の岡本幸典さんにイチオシのプラグを展開しているブランドを4つ教えてもらった。

写真と文◎編集部

【北海道】サンマの釣り方│釣果を伸ばすコツなど解説

編集部 2023年11月16日

PEをうまく巻けていないとラインが切れてしまうことがあります。切れてしまわぬよう、正しく巻くコツをソルトルアー専門店スタッフに聞きました。

豊漁から得た「釣果を伸ばすコツ」

写真と文◎佐藤博之

記事検索

  • 検索フィールドが空なので、候補はありません。

月刊つり人 最新号

つり人 2020年5月号

列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。

人気記事