川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

巨大メバルを求めて!

巨大メバルを求めて!

つり人編集部=写真と文


3月3日、いよいよ待望のDVD

東京湾・常盤・伊豆に巨大メバルを求めて ―スピニング・ソルトフライという新世界― 』

が発売になります!





フライ、つまり毛バリをスピニングリールでルアーのように操作するという画期的な釣法、それがスピニング・フライという新世界。

吸い込みがよく、多彩なベイトをリアルに再現できるなどメリットはたくさんあります!

そして、かつてこれほど大型のメバルが各地で飛び出したDVDもないはず。

ドラッグをかき鳴らす強烈なファイトは必見です!



それにしても……

完成したジャケットをこうして手にすると

年末の超忙しい時期

そしてメチャクチャ寒い時期

このロケで費やした日々が走馬灯のように蘇ります……。


某編集長の「メバルなんて東京湾でチョチョイのチョイ」

という号令 というか失言で始まったロケですが

「巨大メバル」というタイトルでハードルを上げまくってしまったから、さあ大変!



野島防波堤に始まり、

横須賀の陸っぱり、

そして横浜、横須賀のボート釣りへ移行する間に

いつの間にか姿が消えてしまった某編集長……。



いや、すごい釣れているんですよ。

小さくもないし、むしろ良型

多彩なリグで多彩な釣法を駆使して……

でも……巨大とはいえない!

尺絡みの魚がほしい!


主役のイケメン竜児ことオーシャンルーラースタッフの金丸竜児さんは
九州と東京をとんぼ返りの日々


気温マイナスの常盤ロケ

朝方に東京に帰ってそのまま向かった東伊豆ロケ

そしてそのまま東京に戻り

朝一番の新幹線で九州に帰ったイケメン竜児の背中……。


そんな苦労もこの1本で報われました。


結果的には常盤ロケと東伊豆ロケが加わったことで厚みを増しました。

常盤ではホームページ

Angler Rintako

の管理人としておなじみの岩崎林太郎さん、

東伊豆ではブログ

情報屋ツーのエギング&伊豆ロック

で大型メバルやアオリイカ情報を発信する山城剛さん。

このおふたりが手の内を公開しただけでも必見といえます。


<予告編>



おそらく、ほとんどの人がまだスピニング・ソルトフライというものを知らないと思います。

でも、その威力と楽しさは想像以上!!

ぜひ、一度ご覧ください。

新たな手駒になること必至です!

(天野)

2009/3/3

<< 2009/3 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中