編集部2019年10月25日

プリのバスを浮かせて食わせるチャターとマグナムクランク

Basser バス釣り

9名の日本人選手がボーターとしてフル参戦し、大きな注目を集めた2019年B.A.S.S.セントラルオープン。 ここでは、日本人選手が決勝に進出した際のメインルアーを公開。なぜ、そしてどのようにこれらのルアーを使ったかがわかれば、日本のフィールドにも生かせるヒントがあるはずだ。

セントラルオープン・ファイナリストを支えたルアーたち/片岡壮士/第1戦トレドベンド5位入賞

Basser編集部=文

 9名の日本人選手がボーターとしてフル参戦し、大きな注目を集めた2019年B.A.S.S.セントラルオープン。その結果は、全試合で日本人が決勝(競技2日目終了時点の上位12名まで)に進出と、日本のみならずアメリカでも大きなインパクトを残したシーズンとなった。
 ここでは、日本人選手が決勝に進出した際のメインルアーを公開。なぜ、そしてどのようにこれらのルアーを使ったかがわかれば、日本のフィールドにも生かせるヒントがあるはずだ。



ブレイクブレード3/8oz+iシャッドテール4.8in(ともにジャッカル)
 片岡選手はシャローをチェックするルアーの軸をチャター系と決めている。

片岡「チャターは一番好きなルアー。日本でもアメリカでも、チャターなら釣り勝てる自信があるくらい使いこんでます。使い方は基本サブサーフェスで速巻き。ルアーが目視できるレンジを高速巻きで通して食いあげさせます。アメリカ人は結構沈ませて巻いたりもするんですけど、僕はとにかくバスの目線の上を高速で通すことを重視してます」

 アピール力がほしかったので、ブレイクブレードはややアクションがタイトな『ウイニングスペック』ではなくオリジナルモデルを使用。水が濁り気味だったため、チャター本体もトレーラーのシャッドテールも派手目なカラーをチョイス。クリークの桟橋などにスキッピングで入れて浮いているバスをねらった。バスが食ってきたのは、桟橋の奥ではなく、手前の水深がある杭の横を通過させたとき。ときには4~5Lbクラスがボートべりまで追ってきてバイトしたという。

ショットストーミーマグナム(ノリーズ)
 最下流のロックエリアで使用。2~300mの短いストレッチで、大型のプリのメスが獲れるエリアだった。メインのジャークベイトのほかに、スピナーベイトやスイムジグでも探ったが反応はなし。やや急深になったスポットに差し掛かり、よりレンジを下げられて、かつバスを浮かせるパワーがあるルアーとしてストーミーマグナムをチョイス。ルアーチェンジ直後に7Lbのスーパーキッカーをキャッチ。




Basser2019年12月号 10月26日発売! 001_335
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。

 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。

 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。








2019/10/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。