編集部2019年11月7日

琵琶湖で培ったパワー&スピードの釣りで予選を首位通過

Basser バス釣り

9名の日本人選手がボーターとしてフル参戦し、大きな注目を集めた2019年B.A.S.S.セントラルオープン。 ここでは、日本人選手が決勝に進出した際のメインルアーを公開。なぜ、そしてどのようにこれらのルアーを使ったかがわかれば、日本のフィールドにも生かせるヒントがあるはずだ。

琵琶湖で培ったパワー&スピードの釣りで予選を首位通過

Basser編集部=文

 9名の日本人選手がボーターとしてフル参戦し、大きな注目を集めた2019年B.A.S.S.セントラルオープン。その結果は、全試合で日本人が決勝(競技2日目終了時点の上位12名まで)に進出と、日本のみならずアメリカでも大きなインパクトを残したシーズンとなった。
 ここでは、日本人選手が決勝に進出した際のメインルアーを公開。なぜ、そしてどのようにこれらのルアーを使ったかがわかれば、日本のフィールドにも生かせるヒントがあるはずだ。



イヴォーク4.0(デプス)
 最終戦、木村選手の予選首位通過の原動力となったメインルアー。オフショアのロックボトム地帯で使用した。試合にかけてフィールドの減水が進み、沖の釣りが有効になると判断した。さらに、ヒットした子バスに大型のバスが食ってきたこともあり、バスの共食いが起きていると確信。アメリカのバスも日本のバスも、デカくて賢い個体ほどハードベイトの波動やスピードのある動きに強く反応する傾向があるという考えをもとにイヴォーク4.0をチョイス。ボトムコンタクトさせながらの速巻きで次々とビッグバスを反応させ、初日唯一の20Lbオーバーをマークした。カラーは秋のシャッドレイクで効くという、パール系のセクシーシャッド。

kimura_04_-2
木村「開始2時間ですでに18Lbくらい釣ってたけど、この釣りは風が吹かなかったりしたら機能しなくなることもありうる。イワすだけイワさなあかんと思い、釣り切りました」

パワーフラッター4in(バークレイ)+フットボールヘッドTG5/8oz(リューギ)+インフィニ#4/0(リューギ)
 2日目、イヴォーク4.0への反応が途絶えたためこちらを投入。

木村「使い方はボトムにコンタクトさせながらのスローロール。スローロールといってもあくまでクランクに比べればの話で、5/8ozシンカーである程度速く引けるようにしてます。デカいバスだますならスピードは必要です。また、パワーフラッターはこの手のワームのなかではアピール力が強く、パワーも備えてる。基本はただ巻きですが、ボトムに当たったときのアクションで食わせます。止めたりボトムでコチョコチョ動かしてもバスのサイズが下がるだけなんで、スイミングで巻き切ります。

 3年前のグランドレイク戦で(そのときは準優勝)、条件のいいロックパイルはマーキングしておいたから、クランクに関してもフットボールヘッドに関しても、効率よくチェックできました。グランドレイクはバスの好みというか、クセが琵琶湖に近い感じがします」

キングテール(バークレイ)+インフィニ#4/0(リューギ)
 競技初日、イヴォーク4.0で入れ替えを繰り返し、最後にボートドック中層に浮いたバスをこのルアーで獲ってウエイトを20Lbの大台に乗せた。

◆関連記事

木村建太のセントラルオープン最終戦/グランドレイク



Basser2019年12月号 10月26日発売! 001_335
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。

 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。

 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。








2019/11/07

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。