編集部2019年10月24日

チャターとトレーラー、イヨケンの選択基準とは

Basser バス釣り

9名の日本人選手がボーターとしてフル参戦し、大きな注目を集めた2019年B.A.S.S.セントラルオープン。 ここでは、日本人選手が決勝に進出した際のメインルアーを公開。なぜ、そしてどのようにこれらのルアーを使ったかがわかれば、日本のフィールドにも生かせるヒントがあるはずだ。

セントラルオープン・ファイナリストを支えたルアーたち/伊豫部健/第1戦トレドベンド8位入賞

Basser編集部=文

 9名の日本人選手がボーターとしてフル参戦し、大きな注目を集めた2019年B.A.S.S.セントラルオープン。その結果は、全試合で日本人が決勝(競技2日目終了時点の上位12名まで)に進出と、日本のみならずアメリカでも大きなインパクトを残したシーズンとなった。
 ここでは、日本人選手が決勝に進出した際のメインルアーを公開。なぜ、そしてどのようにこれらのルアーを使ったかがわかれば、日本のフィールドにも生かせるヒントがあるはずだ。


アディ3/8oz(10TENFEETUNDER)+DDDシャッド(ゲーリーインターナショナル)
アディ3/8oz(10TENFEETUNDER)+4.5inスイムセンコー(ゲーリーインターナショナル) or フィンズP(プロトタイプ/10FTU)

 2日間でウエイインした10尾のバスのうち8尾を「アディ3/8oz(モンドリホワイト)+フィンズP(ホワイト/10FTUプロトタイプ)」でキャッチ。あとの2尾は「アディ3/8oz(モンドリホワイト)+DDDシャッド(パールホワイト)」による釣果。アディはブレード厚0.5mmのパワー型チャターで水がステイン~マッディーの状況を得意とする。第1戦のトレドベンドで伊豫部選手が選んだのは上流域。豪雨をともなった寒冷前線の通過で冷たい濁流と化していたエリアだった。

伊豫部「チャターのカラーは、ベイトフィッシュに合わせたホワイトと、水温の急低下で枯れたんかな? ドロをかぶったんかな? 冬に見るような茶色いグラス(ウイード)が多かったから、その色に合わせたグリパンの2色。結果的に、ホワイトへの反応が圧倒的によかった。

 トレーラーは、頭をちょっとカットしたDDDシャッドと、フィンズPっていう小型のスイムベイトタイプ。DDDシャッドのほうはアクションが暴れ気味になって、フィンズPとか4.5inスイムセンコーみたいにテールに水の抵抗を受けてアクションするタイプは軌道が安定して、ふらつきにくくなる傾向がある。

 チャターのトレーラーって大きく分けてこの2タイプの使い分けなんだけど、その日の状況でどっちがハマるかは正直やってみないとわからないとこがある。て言っても2タイプしかないわけだからさ、浅いレンジにバスいるはず、イイ感じに濁っててチャター効くはず……、なのにバイトないなと思ったら、別タイプのトレーラーにぜひローテしてみてほしいな♪ プロトのフィンズPはハンポワでマテリアル軟らかめだから、チャターのアクションにそこまでブレーキ掛けるタイプじゃないというのもキモなんだけど……、まぁまだプロトやし、そのへんは追々ってことで」

バンタム マクベス(シマノ)
 この試合ではメインにならなかったが、ウッドカバーやリップラップ(石積み)が多いエリアを釣っていたら確実に出番があったのがバンタム マクベスだ。

伊豫部「いいスクエアビルの見分け方をひとつ。回避性能が高いスクエアビルは、ガンガン使ってるうちにオデコがキズだらけになる! それっていうのは、障害物に当たったときにリップがしっかりロックして、そこを軸にキレイに前転しながら抜けていくときに、障害物にオデコをぶつけるからなんだわ。てことでオデコのキズはマクベスの勲章なんでガンガン使ってほしいな」

iyobe_02





Basser2019年12月号 10月26日発売! 001_335
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。

 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。

 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。






2019/10/24

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。