編集部2016年9月26日

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第11回

Basser バス釣り

この年第10回を数えたBasserオールスタークラシック。流入河川のカバー撃ちをメインに組み立てた故・林圭一選手が優勝を収めました。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

10年目のオールスターを制したのはクオリティーフィッシュのみにねらいを定めた林圭一選手

Basser編集部=写真と文


第10回大会・霞ヶ浦(出場19名)                        
Place Name Total weight(g)
1 林 圭一   7040
2 駒井 寛   6520
3 反町裕之   6480
4 沢村幸弘   6460
5 本山博之   6160
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

allstar6-01_0003
 オールスタークラシック10年目の秋、頂点に立ったのはこのトーナメントの提唱者のひとり、故・林圭一だった。

 この年ケイテックを立ち上げた林は、さっそく自身の代名詞であるフリップ&ピッチ用にラバージグ(モデルⅠ)とカスタムトレーラーをデザイン。それら信頼を寄せるルアーで流入河川のカバーを撃つパターンをメインに1kgアップを積み重ね、7尾・7040gをマーク。「まずはリミットを揃え、それから入れ替えでスコアアップしていく」のではなく、最初からクオリティーフィッシュのみにねらいを定めた攻撃的戦略が見事にハマった結果だった。またこの試合では、林が霞ヶ浦ロコの細田健二からこの湖について学び、そこに自身の理論をミックスしてパターンを構築したことも注目を集めた。ゼネラリストとスペシャリスト、グローバリズムとローカリズムの融合は、20年後の現在においてもバスフィッシングに進化をもたらすキーワードになっている。

allstar6-01_0001

掲載は1997年1号
allstar6-01

2016/9/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。