編集部2017年10月26日

スミイカ料理/ゲソとわけぎのぬた

美味しい鮮魚料理 料理-スミイカ

ほっとする箸休め的な小鉢。主役のゲソに寄りそう脇役は青ネギのわけぎ。互いを引き立てあうベストマッチングを味わう!

主役のイカと脇役の青ネギがベストマッチ

葛島一美◎料理・文・写真

ほっとする箸休め的な小鉢。主役のゲソに寄りそう脇役は青ネギのわけぎ。互いを引き立てあうベストマッチングを味わう!

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

材料
スミイカのゲソ
わけぎ
辛し酢味噌(味噌大さじ3、溶き辛し小さじ0.5~1、砂糖大さじ1.5~2、ミリン小さじ1、米酢大さじ2~2.5)
ゆずの皮


ゲソはまず頭と足に切り分け……
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (48)

食べやすいひと口大にカットする
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (49)

エンペラは胴体と同じ要領で外皮との間に爪先を滑り込ませると……
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (50)

簡単に皮を剥くこともできる。好みで剥かなくてもよい
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (51)

ゲソは沸騰した湯で芯に生っぽさが残るミディアムに茹で、粗熱を冷ます。わけぎも手早く茹でてから冷ましておく
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (52)

辛し酢味噌はすり鉢で滑らかになる程度に混ぜ合わせるだけ。前々から混ぜてしまうと水っぽくなって味が落ちるので、食べる直前に合わせる
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (53)

2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!