編集部2017年6月25日

マダコ料理/タコ飯

美味しい鮮魚料理 料理-タコ

生の地ダコを使い茹できる前に炊飯器へ。タコの出汁も出て柔らかい身を味わえる贅沢な一品!

タコの出汁と柔らかい身を味わえる贅沢な一品!

石井ちか江◎講師、山口充◎写真


生の地ダコを使い茹できる前に炊飯器へ。タコの出汁も出て柔らかい身を味わえる贅沢な一品!

この記事は『つり人』2016年8月号に掲載したものを再編集しています。

タコ飯

材 料

小型タコ1パイ(今回は「生ダコ」を使用)
米3合
ダシ汁
生姜
三つ葉または青ネギ
下味用調味料
・醤油大さじ2
・酒大さじ3
炊く時用
・醤油大さじ2
・酒大さじ3



138-141_yamaguchi_cs6 (14)138-141_yamaguchi_cs6 (15) タコを下処理する。頭の部分を裏返し、内臓などをきれいに取り除く


138-141_yamaguchi_cs6 (16)金ザルに塩一握り(多め)を入れ、タコを揉みながらヌメリ、汚れを取り除く。足は吸盤部分もきれいにする(金ザルの代わりに洗濯ネットなどでもOK)


138-141_yamaguchi_cs6 (17) 水洗いをしてヌメリ、塩を取る


138-141_yamaguchi_cs6 (18) 138-141_yamaguchi_cs6 (19) タコに軽くお湯をかけて、ぶつ切りにする


138-141_yamaguchi_cs6 (20)醤油、酒を合わせ、ぶつ切りにしたタコを漬けておく


138-141_yamaguchi_cs6 (21)研いだお米に醤油、酒を入れ、3合目までだし汁を入れる

7
138-141_yamaguchi_cs6 (22)下味を付けたタコを釜の中に入れ、千切りにした生姜を入れて炊く。炊き上がったら茶碗に入れ、三つ葉や青ネギを散らして出来上がり

114_119_sabakikata_cs6 (84) 解説=石井ちか江
神奈川県横浜市在住。東京湾や相模湾で釣りを楽しみながら、釣った魚の美味しい料理法を日々研究。和洋中の枠にとらわれず、限られた時間でも簡単に作れたり、子どもが喜ぶ家庭料理を得意にしている

2017/6/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!